夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

おすすめ絵本一覧へ戻る

音の出る、おすすめの絵本

1歳〜5歳ぐらいまでのお子さんが楽しめる音の出る絵本です。

対象年齢は、あくまでも目安です。

読み聞かせてあげるのに適した年齢です。実年齢より、対象年齢が低いものを読んであげても大丈夫ですし、一番は、絵本を楽しむことですので、子どもの興味や関心に合わせて読んであげてくださいね。
自分で読むのは、対象年齢が少し低いものの方が読みやすいと思います。

どうよううたのえほん―お手本のうた付き!
詳細はこちら…
どうよううたのえほん―お手本のうた付き!

笹沼 香
永岡書店 2003/12/24

ぞうさん、むすんでひらいて、げんこつやまのたぬきさん、など16曲入っています。この絵本、娘が大好きで、1歳〜ずっと、愛用しています。自分の歌いたい歌、聞きたい歌が手軽に自分で押せるところが、CDよりも手軽なので、大好きみたいです。この本でたくさんの歌を覚え、親子で楽しめました!!
どうよううたのえほん 2 お手本のうた付き!
詳細はこちら…
どうよううたのえほん 2 お手本のうた付き!

今井 亜美
永岡書店 2004/12/01

いぬのおまわりさん、どんぐりころころ、きらきらぼしなど、16曲入っています。どうよううたのえほんと合わせて、おすすめです♪
えいごどうよううたのえほん―Let’s sing!
詳細はこちら…
えいごどうよううたのえほん―Let’s sing!

石川日向
永岡書店 2005/07/10

ABCのうた(ABC SONG)、キラキラぼし(Twinkle Twinkle Little Star )、あたま、かた、ひざ、つまさき(Head, Shoulders, Knees and Toes )など、16曲収録されています。歌詞は英語と日本語訳と両方載っていて、サウンドはカラオケにもできるので日本語で一緒に歌ってあげることもできます。英語の歌も外人の方が歌われているので発音等も安心して聞かせられると思います。CDよりも手軽に聞けて、楽しく英語の歌が覚えられちゃいますよ!
音のでる知育絵本〈1〉かぞえてみよう1、2、3 (音のでる知育絵本 (1))
詳細はこちら…
音のでる知育絵本〈1〉かぞえてみよう1、2、3 (音のでる知育絵本 (1))


ポプラ社 2005/02

1から10までの数を、ものや動物で表現しています。右ページのしかけをめくると、そのページに対応したボタンが、穴から見えるようになっています。ボタンを1回押すと「1ぴき」、ボタンをもう1回押すと「2ひき」と数をかぞえる声がします。数を覚えたばかりの娘ですが、その意味はまだわかっていません。楽しみながら数の意味、また、物に合わせた数え方が覚えられる楽しい絵本です。
音がとびだす のりものえほん (音のでる絵本シリーズ)
詳細はこちら…
音がとびだす のりものえほん (音のでる絵本シリーズ)

フォト・クリエーション
ポプラ社 1993/03

バス、新幹線、パトカーなど、8種類の子どもたちの大すきな乗り物のの写真にあわせて迫力のある音が出る絵本です。図鑑としても楽しめます。
こえがいっぱいどうぶつずかん (おととあそぼうシリーズ)
詳細はこちら…
こえがいっぱいどうぶつずかん (おととあそぼうシリーズ)

内山 晟
ポプラ社 2005/01

いぬ、ねこ、イルカ、カナリア、ライオン、ゾウ……。充実の写真と迫力ある泣き声で動物の世界を楽しめる。図鑑としても必携の1冊。厚紙絵本。動物の写真と声が聞けるのは、小さい子にも分かりやすいと思います。
どうようピアノえほん―9曲のカラオケが歌える自動演奏つき!
詳細はこちら…
どうようピアノえほん―9曲のカラオケが歌える自動演奏つき!

いのうえ 栄
永岡書店 2004/10/01

楽譜、歌詞、ピアノがついてて、親子で楽しめる絵本です。9曲のカラオケが歌える自動演奏つきです。全31曲楽譜がついています。
音のでるえかきうた (うたってかいてけせるえほん)
詳細はこちら…
音のでるえかきうた (うたってかいてけせるえほん)


ポプラ社 2001/07

歌って書いて消せる絵本です。「コックさん」をはじめ、こどもたちの大好きな動物や乗物の絵描き歌を8種類収録。メロディに合わせて、付属のホワイトボード、水性ペンで楽しくお絵かきができます。
かぎあげよっ!だれのおうち? (音のでる知育絵本)
詳細はこちら…
かぎあげよっ!だれのおうち? (音のでる知育絵本)


ポプラ社 2006/02

知育おもちゃで人気の「かぎ遊び」が絵本になりました。この本には、いろいろなお家がでてきます。ぞうさん、くまさん、ことりさん、おさるさん、かえるさん…。だれのおうち考えながら、ドアのチャイムを押したり、かぎを鍵穴にいれてまわしたりしてあそびます。 娘は、鍵あそびが大好き。本屋さんで見つけ、かなりはまってました。
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について