夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

おすすめ絵本一覧へ戻る

おやすみ、寝る前に読んであげたい、おすすめの絵本

「眠る」って安心して、心地よく眠りにつくものだと思います。

寝る前に読む本は、何でもいいとは思いますが、心が落ち着いて、ゆったりとした気分になれるものがいいですよね。

「寝かしつけ」って、なかなか寝なくって大変なこともあるけど、絵本の主人公も寝ちゃうと、一緒に寝ちゃおうかなぁ!なんて思ったりもしますよ〜(*^▽^*)
絵本を読んだ後、やさしい気持ちで眠りにつけるといいですよね(*^▽^*)

対象年齢は、あくまでも目安です。

読み聞かせてあげるのに適した年齢です。実年齢より、対象年齢が低いものを読んであげても大丈夫ですし、一番は、絵本を楽しむことですので、子どもの興味や関心に合わせて読んであげてくださいね。
自分で読むのは、対象年齢が少し低いものの方が読みやすいと思います。

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)
詳細はこちら…
おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)

林 明子
福音館書店 1986/06/20

0歳頃から。空に浮かぶお月さまを、あかちゃんは不思議な生きもののように見つめます。そのお月さまや、お月さまの前を横切る雲とお話をするように描かれています。 0〜1歳児クラスで必ず読んでいましたよ!子ども達もお月様にあいさつしたりしてました(*^▽^*)
もうねんね (松谷みよ子 あかちゃんの本)
詳細はこちら…
もうねんね (松谷みよ子 あかちゃんの本)

松谷 みよ子
童心社 1968/01/15

0歳頃から。眠そうに伸びをするイヌが1匹。「ねむたいよう おやすみなさい ワン」。眠そうなネコも「まあるくなって ねんね」。めんどりもひよこも、「くう くう ねんね」。モモちゃんもねんね。毛布もねんね。お人形さんもねんね。みんなねんね。おやすみなさい。」松谷みよこさんのやさしい絵が大好きです。
おやすみ
詳細はこちら…
おやすみ

なかがわ りえこ
グランまま社 1997/03

1歳頃から。たくさん遊んで、楽しい一日。おやすみ!寝るまでにすることが書いてある単純な本なんですが、当たり前だけど、大切なことがたくさんです。やさしいお母さんの登場は、なんだか、温かい気持ちになります。
おやすみなさい、ペネロペ ペネロペしかけえほん
詳細はこちら…
おやすみなさい、ペネロペ ペネロペしかけえほん

アン グットマン
岩崎書店 2004/08/24

1歳頃から。「リサとガスパール」シリーズで有名なアン・グットマンさんのペネロペシリーズです。ペネロペがおやすみの支度をする、とってもかわいいしかけ絵本です。最後は、電気を消すしかけになってます☆
いいこでねんね できるかな (あかちゃんのあそびえほん)
詳細はこちら…
いいこでねんね できるかな (あかちゃんのあそびえほん)

木村 裕一
偕成社 1993/11/01

1歳頃から。コトリさんもイヌさんもそろそろねんねの時間。みんな寝いったのに、ゆうちゃんだけはなかなか眠れません。ゆうちゃんは、眠れたかな?この絵本シリーズは、娘も大好きです☆
ぴよちゃんのおやすみなさい (おやこであそぶしかけえほん)
詳細はこちら…
ぴよちゃんのおやすみなさい (おやこであそぶしかけえほん)

いりやま さとし
学習研究社 2004/11/10

1歳頃から。ぴよちゃんシリーズの楽しいしかけ絵本です。満月の夜、おさんぽにでかけたぴよちゃん。ところが、誘おうとした友達は寝ているし、黒雲に月が隠され、あたりは真っ暗になるしで…。ぴよちゃんと一緒に「おやすみなさい」を言いたくなるしかけがいっぱいの楽しい絵本。寝る前の読み聞かせにぴったり。
こぐまちゃんおやすみ (こぐまちゃんえほん)
詳細はこちら…
こぐまちゃんおやすみ (こぐまちゃんえほん)

森 比左志, わだ よしおみ
こぐま社 1984/01/01

1歳頃から。8時です。こぐまちゃんの寝る時間。ひとりでパジャマに着替え、ハミガキもしてトイレにも行けました。準備は万端。でもひとりで寝るのはちょっぴり寂しいから、お母さん絵本読んでね。幼い子どもが眠りにつくまでをシンプルに描いた絵本です。
おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
詳細はこちら…
おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

マーガレット・ワイズ・ブラウン
評論社 1979/09

2歳頃から。「雅子さまが大好きだった本」としておなじみの絵本です。うさぎの子がベッドの中にいます。部屋の中のもの、窓から見えるお月様やお星様。いろんなものにおやすみなさいを言いながら眠りにつこうとしています。 姉妹編に、『ぼくのせかいをひとまわり』があります。この本を読んでいると、ゆったりとした気分で眠りにつけそうです。
おやすみなさい コッコさん (幼児絵本シリーズ)
詳細はこちら…
おやすみなさい コッコさん (幼児絵本シリーズ)

片山 健
福音館書店 1988/01/30

2歳頃から。夜です。もうみんな眠りにつき、起きているのはお月様くらい。おや?コッコさんも起きていました。お月様がいくら空から「コッコさん、おやすみなさい」と言っても知らん顔のコッコさんでしたが...夜の読み聞かせにびったり絵本です。読んでいるうちに心が静かになっていく気がします。
ノンタンおやすみなさい (ノンタンあそぼうよ (2))
詳細はこちら…
ノンタンおやすみなさい (ノンタンあそぼうよ (2))

キヨノ サチコ
偕成社 1976/08/28

2歳頃から。ノンタンシリーズの絵本。ノンタンはなかなか眠れなくて、友達の家に遊びにいくけど、みんな寝ています。結局、家に帰り寝ることになりました。ノンタンも寝ちゃったよ、とお話しすると、ノンタンが大好きな娘には、効果てきめんです!すぐ布団に入っちゃってます(笑)
そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集)
詳細はこちら…
そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集)

なかや みわ
福音館書店 1999/09/30

3歳頃から。そらまめくんの自慢は、雲のようにふわふわで、綿のようにやわらかいベッド。豆の仲間のえだまめくんやグリンピースの兄弟たちがやって来て「このベッドでねむらせておくれ」と頼んでも「だめだめ、これはぼくのたからものだもの」と言って、だれにもかしてあげません。ある日、その大事なベッドが突然なくなってしまったからさあ大変!とってもかわいいそらまめくんのおはなしです☆
パパ、お月さまとって!
詳細はこちら…
パパ、お月さまとって!

エリック カール
偕成社 1986/12/01

3歳頃から。「はらぺこあおむし」で有名なエリック・カールさんの、しかけ絵本です。ある晩、モニカは、お月さまがとても近くに見えて、お月様と遊びたくなりました。お月さまの方へ手をいっぱいに伸ばしてみますが、お月さまには届きません。モニカは言います。「パパ、お月さまとって!」とてもしかけが楽しく、長いはしごをのぼるところは、スケールの大きさを感じます。
おやすみなさいフランシス (世界傑作絵本シリーズ)
詳細はこちら…
おやすみなさいフランシス (世界傑作絵本シリーズ)

ラッセル・ホーバン
福音館書店 1966/07/01

4歳頃から。「おやすみの時間ですよ」と言われベッドに入ったアナグマの子どもフランシスですが、部屋にトラがいるかもとか、天井の割れ目から何か出てくるかもなどと言っては、両親の部屋へ行き、とうとうお父さんを怒らせてしまいます。子どもがなかなか寝付けない時の心情がうまく描かれています。子どもはフランシスの気持ちがとてもよくわかると思いますよ〜!長く愛されている絵本です☆
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について