夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

おすすめ絵本一覧へ戻る

病院、注射、薬嫌いに、おすすめの絵本

病院や、お薬は、それをすることにより、病気が治ることの理解ができることが、まず、大事です。絵本を読むことにより、病院でどんなことをするのかがわかったり、怖くないことがわかると、子どもも安心ですよね。

注射に関しては、大人でも、痛いもの。 だけど、少し頑張れば、病気が治ること、絵本の主人公ががんばっている姿を読むと、がんばれるかもしれないですよ!!

対象年齢は、あくまでも目安です。

読み聞かせてあげるのに適した年齢です。実年齢より、対象年齢が低いものを読んであげても大丈夫ですし、一番は、絵本を楽しむことですので、子どもの興味や関心に合わせて読んであげてくださいね。
自分で読むのは、対象年齢が少し低いものの方が読みやすいと思います。


詳細はこちら…
はくしょん かぜひいたの (ロミちゃんムーちゃんえほん (6))

花形 恵子
偕成社 1985/01

0歳頃から。ロミちゃん、ムーちゃんは、病院が怖くて、泣いたり、指をしゃぶったり。でも、ぜんぜんお医者さん怖くないよ!!お薬飲んで寝たらすっかり元気!
お話が単純でわかりやすいので、病院の怖い子に読んであげるといいですよ!お薬嫌いの子にもおすすめです☆
かぜひいちゃった (こねこちゃんえほん (6))
詳細はこちら…
かぜひいちゃった (こねこちゃんえほん (6))

いもと ようこ
金の星社 1985/03

1歳頃から。風邪をひいたうさぎさんのところにお見舞いにいくこねこちゃん。みんなに心配されて、プレゼントももらって、お母さんにもやさしくしてもらっているうさぎさんがうらやましいこねこちゃんは、夜中おなかを出し、布団を蹴飛ばして寝ると、翌朝もちろん風邪をひき、お母さんにやさしくおかゆを食べさせてもらうけど、食べたくない!友達がお見舞いにプレゼントも持ってきてくれたけど、嬉しくない!一緒に遊びたい!
やっぱり元気が一番☆ と教えてくれる絵本です。
ノンタンはっくしょん! (赤ちゃん版ノンタン)
詳細はこちら…
ノンタンはっくしょん! (赤ちゃん版ノンタン)

キヨノ サチコ
偕成社 1989/12/09

1歳頃から。ノンタンが風邪をひいてしまいます。病院で、モシモシしたり、お薬をもらって、風邪が治るまでがかいてあります。病院にいって、薬をもらうと風邪が治ることをわかりやすく子どもに伝えられると思います。病院嫌いや、お薬の嫌いな子にもおすすめの一冊です☆
ノンタンがんばるもん (すきすきノンタン)
詳細はこちら…
ノンタンがんばるもん (すきすきノンタン)

キヨノ サチコ
偕成社 1998/07/01

2歳頃から。ノンタンがすべりだいで耳を怪我してしまい、急いで病院へ。そこで待っていたのは、「注射!!!」注射が怖いノンタンは、「がんばるもん!!」と勇気をふりしぼります☆
注射をがんばるノンタンの様子、注射の怖い子どもに読んであげるといいかもしれないですね!ノンタンに勇気をもらえるかも☆
パオちゃんのかぜひいちゃった
詳細はこちら…
パオちゃんのかぜひいちゃった

仲川 道子
PHP研究所 1988/10/01

3歳頃から。大人気のパオちゃんシリーズの絵本です!ぞうのパオちゃんが元気に遊びに出かけると、うさぎちゃんは、かぜをひいてお母さんに優しくされていました。それを見たパオちゃんは、かぜをひいてみたくなりました。でも、やっぱり元気にみんなと遊ぶのがなによりですねっ☆
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について