夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

おすすめ絵本一覧へ戻る

お化けの、おすすめの絵本

「お化けの絵本」って、ほんっと、子ども達に大人気!!
お化けって、ちょっと怖いところが、また魅力なのかもしれないですね☆今回、紹介するお化けは、怖くないお化けもたくさん。かわいいお化けや愉快なお化けもたくさんで、お化けがこわくなくなりますよ(*^^*)

対象年齢は、あくまでも目安です。

読み聞かせてあげるのに適した年齢です。実年齢より、対象年齢が低いものを読んであげても大丈夫ですし、一番は、絵本を楽しむことですので、子どもの興味や関心に合わせて読んであげてくださいね。
自分で読むのは、対象年齢が少し低いものの方が読みやすいと思います。

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)
詳細はこちら…
ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)

せな けいこ
福音館書店 1969/11/20

1歳頃から。人気シリーズ「いやだいやだの絵本」(『にんじん』、 『もじゃもじゃ』、 『いやだいやだ』)の1冊。
時計がなります「ぼーん」「ぼーん」なってこんな時間に起きているのはだれだ?
ちょっぴり怖いけど、この絵本、子ども達に大人気!!ロングベストセラーの絵本です。
おばけのコンサート (幼児絵本シリーズ)
詳細はこちら…
おばけのコンサート (幼児絵本シリーズ)

たむら しげる
福音館書店 2004/05/20

2歳頃から。木のおばけ、水のおばけ、おばけぐも……。おばけたちが楽器を持って大集合、愉快なコンサートのはじまり!一晩中楽しく盛り上がりました。
色鉛筆の色彩がとっても美しい絵本です。いろんなおばけが一つの家に集まって自分の得意な楽器を演奏するお話なのですが、おばけ達、とっても楽しそうで、見ていて楽しくなります!
おばけだぞぉー!
詳細はこちら…
おばけだぞぉー!

ジャック デュケノワ
ほるぷ出版 2001/10

2歳頃から。デュケノワの「なかよしおばけシリーズ」の絵本です。
真っ白おばけのパコーム。まっくらくらでもへっちゃら。消えることも、壁を通ることもできる。でも、キャ!!ねずみは怖い☆
とっても楽しい、ちょっぴり臆病なおばけです。
あいうえおばけだぞ―45 MONSTERS
詳細はこちら…
あいうえおばけだぞ―45 MONSTERS

五味 太郎
絵本館 1988/03

2歳頃から。五味太郎さんの絵本です。こどもは、やっぱりおばけがすき!でも、このおばけは、こわくない友達おばけ。仲良くなるほど「あいうえお」が覚えられちゃう。45種類も、おばけがいます。あいうえお順に次々登場するおばけ達。とっても愉快で楽しいおばけ達です。
おばけなんてこわくない (ピーマン村の絵本たち)
詳細はこちら…
おばけなんてこわくない (ピーマン村の絵本たち)

中川 ひろたか
童心社 1999/05/20

2歳〜3歳頃から。ピーマン村の絵本たちシリーズの絵本です。この絵本シリーズ、私のお気に入りのシリーズです!!
学校のみんなでやってきたキャンプ。子どもたちの提案できもだめしをやることになりました。二人ずつ組んで、神社までおふだを届けに行きますが…。 お化けを演じていた園長先生、園児にお化けになられて...。
とにかく、楽しい!笑えます☆
おばけのてんぷら (めがねうさぎの小さな絵本)
詳細はこちら…
おばけのてんぷら (めがねうさぎの小さな絵本)

せな けいこ
ポプラ社 2005/11

3歳頃から。うさこは山で、こねこくんがお弁当を食べているのに出会いました。おかずは、おいしそうなてんぷら。うさこはさっそく、自分でも作ってみることにしました。うさこがごきげんでてんぷらを揚げていると、においにさそわれて、山のおばけがやってきました。
貼り絵で作られている絵の雰囲気、うさこの楽天的な性格、読んでいるだけで、楽しくなります☆
ぴーちゃん くもにとぶ (ちっちゃなちっちゃなおばけ(2))
詳細はこちら…
ぴーちゃん くもにとぶ (ちっちゃなちっちゃなおばけ(2))

松井 紀子
偕成社 1976/03/11

3歳頃から。ちっちゃなおばけシリーズの絵本。他に「ぴーちゃんにじにのる」と「ぴーちゃんほしのことあそぶ」があります。黒い絵の具で、どろんこ遊びしたぴーちゃんはまっ黒け。どうしたっておちません。そこで、白い雲のほうへ飛んでいきました・・・・・・。
とってもかわいいおばけのぴーちゃん。お話もメルヘンチックで、かわいいです☆
おばけのバーバパパ (世界の絵本)
詳細はこちら…
おばけのバーバパパ (世界の絵本)

アネット チゾン, タラス テイラー
偕成社 1989/10/09

3歳〜4歳頃から。おなじみのバーバパパの絵本。世界各国で愛され続けている絵本です。
姿を自由に変形できるおばけのバーバパパは、火事場で大活躍し、町の人気者になります。バーバパパの誕生の秘密もわかります。
おばけパーティ (ほるぷ出版の大きな絵本)
詳細はこちら…
おばけパーティ (ほるぷ出版の大きな絵本)

ジャック デュケノワ
ほるぷ出版 2004/03

3歳〜4歳頃から。おばけのアンリが、ともだちみんなをおもてなしします。壁を突き抜けることができたり、食べたり、飲んだりすると、体の色が変わったりして、変身してしちゃいます!特別メニューを食べたら、みんな透明に☆とっても楽しいおばけのホームパーティです!!
おばけのいちにち
詳細はこちら…
おばけのいちにち

長 新太
偕成社 1986/06

3歳〜4歳頃から。おばけは明るい間何をしているでしょう? 歯をみがいたり、ごはんを食べているのかな?
誰も知らない昼間のおばけの楽しいお話です。おばけが買い物に行ったり、洗濯したり、友達とお喋りしたり...。でも、ちょっぴりおばけの謎が深まっちゃうところもこの絵本の魅力かも!
おばけのおーちゃん (福音館創作童話シリーズ)
詳細はこちら…
おばけのおーちゃん (福音館創作童話シリーズ)

市川 宣子
福音館書店 2002/05/25

5歳頃から。おーちゃんは、桜の花ほどの小さな、まだ子どものおばけです。そんなおーちゃんに”ぼく”が初めて出会ったのは、「おばけ屋敷」の春の庭先でした。おばけは、人間の悲鳴を食べて大きくなって、おばけ恒例の秋の渡りに備えなければなりません。だのに、おーちゃんときたら、泣き虫で、いつまでもウジウジして、人間を脅かすことができません。
とってもかわいいゆかいなおばけです。町はずれのぼろ家に住みついた”ぼく”とおーちゃんの、奇妙ですが、ほのぼのとした、心温まるお話です。
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について