夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

おすすめ絵本一覧へ戻る

イチオシの絵本

保育士ママのイチオシのおすすめ絵本です。

対象年齢は、あくまでも目安です。

読み聞かせてあげるのに適した年齢です。実年齢より、対象年齢が低いものを読んであげても大丈夫ですし、一番は、絵本を楽しむことですので、子どもの興味や関心に合わせて読んであげてくださいね。
自分で読むのは、対象年齢が少し低いものの方が読みやすいと思います。

いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)
詳細はこちら…
いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)

松谷 みよ子
童心社 1967/04/15

0歳児〜1歳児におすすめ。大好きないないいないばあ遊びが楽しめる
じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)
詳細はこちら…
じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

まつい のりこ
偕成社 2001/08/01

0歳児〜1歳児におすすめ。言葉を話し始めた子ども達に大人気
ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)
詳細はこちら…
ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)

せな けいこ
福音館書店 1969/11/20

0歳児〜1歳児におすすめ。子ども達が大好きな絵本です。娘も大好きな絵本。
ばいばい (まついのりこのあかちゃんのほん)
詳細はこちら…
ばいばい (まついのりこのあかちゃんのほん)

まつい のりこ
偕成社 2001/08/01

0歳児〜1歳児におすすめ。動物達が次々と、ばいばいしています。ばいばいを覚えたばかりの子どもたちにおすすめです。
はらぺこあおむし エリック=カール作
詳細はこちら…
はらぺこあおむし エリック=カール作

エリック=カール
偕成社 2010/08/23

1歳頃から。私の大好きな絵本です!お月様が見ていた小さなたまごが、お日様が昇って、あおむしになり、ちょうになるまでのお話です。
お腹がペッコペコのあおむしが、食べ物を食べるところがかわいいです☆
きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)
詳細はこちら…
きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)

五味 太郎
福音館書店 1982/08/31

0歳児〜2歳児におすすめ。きんぎょを探すのが楽しい絵本。指差しをはじめたお子さんにおすすめ
のせて のせて (松谷みよ子 あかちゃんの本)
詳細はこちら…
のせて のせて (松谷みよ子 あかちゃんの本)

松谷 みよ子
童心社 1969/07/05

0歳児〜2歳児におすすめ。まこちゃんの車に動物達が次々と乗っていくお話。車にいっぱいになった動物達がかわいいです。
みんなでね (まついのりこのあかちゃんのほん)
詳細はこちら…
みんなでね (まついのりこのあかちゃんのほん)

まつい のりこ
偕成社 2001/08/01

0歳児〜2歳児におすすめ。動物達と朝起きてから、寝るまでの生活のお話。娘も大好きな絵本です。
がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)
詳細はこちら…
がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

安西 水丸
福音館書店 1987/06/30

0歳児〜2歳児におすすめ。汽車がいろんな物を運んでいます。何が出てくるか、楽しみな絵本です
いいこでねんね できるかな (あかちゃんのあそびえほん)
詳細はこちら…
いいこでねんね できるかな (あかちゃんのあそびえほん)

木村 裕一
偕成社 1993/11/01

0歳児〜2歳児におすすめ。木村祐一さんの仕掛け絵本シリーズ。子ども達に大人気でした。
まあちゃんのながいかみ
詳細はこちら…
まあちゃんのながいかみ

高楼 方子
福音館書店 1995/08/10

2歳児〜3歳児におすすめ。保育園でも子ども達に大人気でした☆
ぐりとぐらのえんそく (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)
詳細はこちら…
ぐりとぐらのえんそく (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)

なかがわ りえこ
福音館書店 1983/03/05

2歳頃から。ぐりとぐらのシリーズの中でも、私の大好きな絵本です。特にえんそくのお昼のシーンが大好きです!たくさんのお弁当の中身にわくわくしちゃいます☆
お弁当をもって、遠足に出かけたくなりますよ!
ちびくろ・さんぼ
詳細はこちら…
ちびくろ・さんぼ

ヘレン・バンナーマン
瑞雲舎 2005/04/15

2歳児〜5歳児におすすめ。有名なお話なので、知っている人も多いと思います。一時期絶版だったのが、最近復活です。パパ、ママも懐かしい絵本です。
夢わかば
詳細はこちら…
夢わかば

二本松 はじめ
音楽センター 2007/05/16

3歳児〜5歳児におすすめ。私の大好きな「夢わかば」の歌が絵本になりました。
温かいイラストと詩がとてもステキです。夢や希望いっぱいの種がすばらしい実を自分の力でつけていくお話です。
「生きていること」や「生まれてきたこと」に感謝できる絵本です。

育児DIARYでも、詳しく書いています。

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)
詳細はこちら…
はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

筒井 頼子
福音館書店 1977/04/01

3歳頃から。赤ちゃんの牛乳を買ってきてほしい、とママに頼まれたみいちゃん。100円玉2つをにぎりしめ、坂の上にあるお店まで、さあ出発。でも転んでお金を落としたり、必死に呼んでもお店の人が出てきてくれなかったり、とまどうことがいっぱいで…。はじめてのおつかいは、子どもにとっても、親にとってもドキドキですね☆お子さんが初めてのおつかいを経験する時、一緒に読むのもいいですねっ!
どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)
詳細はこちら…
どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)

香山 美子
ひさかたチャイルド 1981/11/01

3歳頃から。うさぎくんが椅子を作りました。そして、「どうぞのいす」の看板をそばに立てました。ある日、ろばさんが椅子にドングリを置いておくと・・・。思いやりの心をはぐくむ絵本です。「どうぞ」の気持ち、子ども達に伝えたいですね。
おふろだいすき (日本傑作絵本シリーズ)
詳細はこちら…
おふろだいすき (日本傑作絵本シリーズ)

松岡 享子
福音館書店 1982/04/30

4歳頃から。ぼくは、おふろが大好き。あひるのプッカをつれてはいると、かめやペンギン、オットセイやくじらまで登場して……。おふろに入るのがとっても楽しくなる絵本です。子どもの空想の世界って、とってもステキで不思議で楽しいですね☆
エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)
詳細はこちら…
エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

ルース・スタイルス・ガネット
福音館書店 1963/07/15

4歳児〜5歳児におすすめ。エルマーシリーズは、子ども達に大人気のシリーズです。冒険が楽しい長編の本です。
おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ)
詳細はこちら…
おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ)

ふるた たるひ, たばた せいいち
童心社 1974/11/01

4歳児〜5歳児におすすめ。ちょっと恐いけど、冒険がたのしい長編の本。
ダンプえんちょうやっつけた (絵本・ぼくたちこどもだ)
詳細はこちら…
ダンプえんちょうやっつけた (絵本・ぼくたちこどもだ)

ふるた たるひ, たばた せいいち
童心社 1978/04/20

4歳児〜5歳児におすすめ。読み聞かせするのにおすすすめ、長編の本
100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)
詳細はこちら…
100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

佐野 洋子
講談社 1977/10/19

5歳頃から。100万回も死んで、100万回も生きたねこがいました。100万人の人がそのねこをかわいがり、100万人の人がそのねこが死んだときに泣きました。だけど、ねこは、泣いたことがありせん。あるときねこは、一匹の白く美しいねこに魅せられます。「愛すること」を教えてくれる、感動の絵本です。大人の方にもぜひ読んで欲しい、おすすめの絵本です。
あらしのよるに ちいさな絵童話 りとる
詳細はこちら…
あらしのよるに ちいさな絵童話 りとる

木村 裕一, あべ 弘士
講談社 1994/10/20

5歳頃から。あらしのよるに逃げ込んだちいさな小屋の暗闇の中、2匹の動物が出会う。風邪をひいて鼻のきかない2匹は、お互いがオオカミとヤギ、つまり「食うもの」と「食われるもの」であることに気付かない。すっかり意気投合したヤギとオオカミは、翌日のお昼に会う約束をします。合言葉は、「あらしのよるに」。ガブとメイの心温まる友情、お互いを思いやる心。感動のベストセラーです。
わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)
詳細はこちら…
わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)

スーザン・バーレイ
評論社 1986/10/01

5歳頃から。賢くて何でも知っているアナグマは、いつもみんなから頼りにされ慕われていました。でも、秋の終わり、年取ったアナグマは自分の死を悟ります。そして、ある夜、長いトンネルを浮き上がるように走る夢を見ながら死にました。「長いトンネルのむこうに行くよ、さようなら アナグマより」という手紙を残して――。アナグマがみんなに残した贈り物は、なんでしょう?心にじーんとくる、ぜひ子ども達に読んであげたい絵本です。
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について