夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

おすすめ絵本一覧へ戻る

赤ちゃんが生まれる前に読んであげたい、おすすめの絵本

赤ちゃんが生まれる前にぜひ読んであげたい、おすすめの絵本です。

2人目、3人目妊娠中のママさんが上のお子さんに読んであげるのに、おすすめなのはもちろんだけど、誕生の時だけでなく、兄弟がいるお子さんにもぜひ読んであげてほしい絵本です。

赤ちゃんが産まれるということが分かったり、兄弟の楽しさや尊さも伝わってくる絵本です。

合わせて、命の大切さ、命の誕生を知る絵本もおすすめです。

お子さんが生まれてきた日のことを話してあげるのもいいですね☆

対象年齢は、あくまでも目安です。

読み聞かせてあげるのに適した年齢です。実年齢より、対象年齢が低いものを読んであげても大丈夫ですし、一番は、絵本を楽しむことですので、子どもの興味や関心に合わせて読んであげてくださいね。
自分で読むのは、対象年齢が少し低いものの方が読みやすいと思います。

たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)
詳細はこちら…
たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)

神沢 利子
福音館書店 1993/02/10

1歳頃から。動物が生まれてくる話ですが、「生まれること」の理解、生命の誕生に触れるきっかけにもなるかなと思います。たまごから生まれるとき「でておいで」そして生まれてきて「こんにちは」のリズムが子ども達にも大人気の絵本です。
ノンタンいもうといいな (ノンタンあそぼうよ)
詳細はこちら…
ノンタンいもうといいな (ノンタンあそぼうよ)

キヨノ サチコ
偕成社 2001/06/01

2歳頃から。ノンタンシリーズの絵本。兄弟の楽しさがわかるかなと思います。小さい子を思いやる気持ちも育つかなと思います。
おっぱい (たんぽぽえほんシリーズ)
詳細はこちら…
おっぱい (たんぽぽえほんシリーズ)

みやにし たつや
鈴木出版 1990/05/01

2歳頃から。自分がママのおっぱいを飲んで大きくなって、「それを弟にかしてあげる」という所が、ちょっと感動しちゃいます。
うちにあかちゃんがうまれるの (からだとこころのえほん)
詳細はこちら…
うちにあかちゃんがうまれるの (からだとこころのえほん)

いとう えみこ
ポプラ社 2004/12

2歳頃から。作者が妊娠から出産した体験を6歳のまなかちゃんの目から通して語られている写真絵本です。家族の愛情にあふれている心温まる絵本です。
あかちゃんの くるひ (至光社ブッククラブ国際版絵本)
詳細はこちら…
あかちゃんの くるひ (至光社ブッククラブ国際版絵本)

岩崎 ちひろ
至光社 1970/06/01

3歳頃から。いわさきちひろさんのイラストがとてもキレイです。赤ちゃんがうちにやってくる時の、うれしいし、楽しみだけど、ちょっぴり怖い上の子どもの気持ちが描かれていて、上の子をギュッ〜〜って抱きしめてあげたくなる絵本です。赤ちゃんがくるのに、プレゼントを考えたり、一緒に何して遊んであげようなど、やさしい気持ちもかわいいです(*^^*)
あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)
詳細はこちら…
あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)

筒井 頼子
福音館書店 1982/04/20

3歳頃から。お母さんが出かけちゃった後、お昼寝してた妹のあやちゃんが、泣きながら起きてしまった。お姉さんのあさえは、あやちゃんと遊んであげようと一生懸命ですが、いつの間にか、あやちゃんが、いなくなってしまって...。
いなくなってしまった妹を一生懸命探すあさえがとてもけなげでかわいいです。最後のシーンのイラストが、姉妹愛を感じて、心温まります(o^-^o)
ぼくがおっぱいをきらいなわけ (絵本のぼうけん)
詳細はこちら…
ぼくがおっぱいをきらいなわけ (絵本のぼうけん)

礒 みゆき
ポプラ社 2001/10

3歳頃から。弟が生まれて、一生懸命ママのおっぱいを我慢してるお兄ちゃん。頑張って突っ張って、「僕は赤ちゃんじゃないんだ」と、自分に言い聞かせてるお兄ちゃん。そんな姿がかわいらしくていじらしい。下の子が生まれたばかりのお子さんへ読んであげるのもいいし、ママが読んでも、上の子の気持ち共感できる絵本です。
あかちゃんのゆりかご (世界の絵本)
詳細はこちら…
あかちゃんのゆりかご (世界の絵本)

レベッカ ボンド
偕成社 2002/01/01

4歳頃から。赤ちゃんが産まれることがわかって家族は大喜び。赤ちゃんを待ち望む家族の気持ちが伝わってくる暖かみのある絵が魅力の絵本です。上のお子さんに読んであげながら、赤ちゃんが来るのを一緒に楽しめるといいのかなって思います。
おねえさんになるひ
詳細はこちら…
おねえさんになるひ

ローレンス アンホルト
徳間書店 1998/06/01

4歳頃から。赤ちゃんがくるのを心待ちにしていたソフィー。でも、いざ赤ちゃんがやってくると、赤ちゃんなんかもういらない、どっかにいっちゃえ!雪の中、一人庭に出て泣くソフィーを、お父さんがしっかりと抱きしめてくれて…。おねえちゃんの子供らしい素直な気持ちに、胸がキュンとせつなくなるお話です。
おとうさんがおとうさんになった日 (絵本・こどものひろば)
詳細はこちら…
おとうさんがおとうさんになった日 (絵本・こどものひろば)

長野 ヒデ子
童心社 2002/05/10

4歳頃から。三人目の子どもを自宅出産で迎える家族。「おとうさんはいつおとうさんになったの?」ときかれて、あれこれ考えるおとうさん。大好評『おかあさんがおかあさんになった日』の姉妹絵本。NHK「テレビ絵本」で渡邉徹さんが読み聞かせ、『おかあさんがおかあさんになった日』は、榊原郁恵さんが読んでいましたよ☆
おっぱいのひみつ (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん)
詳細はこちら…
おっぱいのひみつ (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん)

柳生 弦一郎
福音館書店 1991/03/06

4歳頃から。「おへそのひみつ」とあわせて読んでほしい絵本です。子どもの「どうして、女の人のおっぱいはおおきいの?」「どうしておちちがでるの?」などの疑問に答えてくれます。
おへその ひみつ (かがくのとも絵本)
詳細はこちら…
おへその ひみつ (かがくのとも絵本)

やぎゅう げんいちろう
福音館書店 2000/11/10

はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について