夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

バックナンバー一覧へ戻る

2006/10/09 vol.70


*:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・


  MilkBox 〜保育士ママの子育て相談室〜

                   2006年10月09日 vol.70

*:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・


10月に入り、すっかり秋らしくなってきましたね。

栗や梨、ぶどう、秋刀魚に、ナス、おいしいものが
いっぱいの秋。
我が家は、すっかり、食欲の秋です☆

朝晩は、すっかり涼しくなったし、そろそろ衣替えしなきゃなぁ〜
と思いつつ、なかなか腰があがりません...(;^_^A


・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・


もくじ

1.子育て相談

〜お友達を叩いたり、髪をひっぱったりします〜


・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・


□□□ 子育て相談 □□□


〜お友達を叩いたり、髪をひっぱったりします〜

年齢:2歳7ヶ月

こんにちは。いつもメルマガに力づけられています。

以前、反抗期の娘の叱り方について相談し、
ご親切なお返事をいただきました。

その後、私も少しずつ娘の気持ちを聞いてやれるようになり、
娘もケンカをした後に自分の気持ちを伝えたり
お友達に謝ったりすることができるようになりました。

それでも、まだまだ娘の乱暴な行動は治まりません。
物の取り合いになるとカッとして
お友達を噛んだり髪の毛を引っ張ったりします。

実は1ヵ月前に引越しをし、前のところでは
娘の性格を知っているお母さん達が
「いいよ、いいよ」と言ってくれたものですから、
本当はそれではいけないのでしょうが、
私も少しは救われたような気持ちになりました。

しかし、新しい場所ではそういうわけにはいかず、
娘が少しでも取っ組み合いの気配を見せると、
急いで飛んでいって中に入りケンカを止めています。
おかげで私は外へ出ると緊張の連続です。

新しい友達を見つけてやりたいと入ったサークルや児童館で、
私の止めが間に合わなくて子供がお友達を泣かせてしまったとき、
初めて会うお母さん達に謝りながら、気持ちが萎えてきます。

こんな調子で、娘はお友達ができるのでしょうか。
友達からよりもお母さん方から
敬遠されてしまうのではないかと胃が痛くなる思いです。

来年の幼稚園に入る前までには、なんとかしたいと思うのですが、
乱暴な振る舞いは止まるのでしょうか。


◇◇ milkより ◇◇


以前のご相談の後、ケンカをした後に自分の気持ちを伝えたり
お友達に謝ったりすることができるようになったとのことで
よかったです(o^-^o)


今回のご相談なのですが、お友達を噛んだり髪の毛を引っ張ったり
という行動は、お子さんは2歳児ですし、大丈夫です☆
ちゃんと成長とともに改善されますから、
あせらずに対応してあげてくださいね。


2〜3歳児というのは、一般的にいわれている「反抗期」の時期ですよね。

自分の気持ちをしっかり言葉やその他
コミュニケーションの方法で表すことが
できない、自分の思うとおり行動したいけどできない、
また、お友達と仲良く遊ぶだけのやりとりの方法も
まだまだうまくない、そんな年齢です。

そんな葛藤やストレスが、言葉よりも先に、
噛んだり、手や足に出やすい年齢です。

4歳過ぎになってくると、言葉やコミュニケーションの方法もグンと
うまくなってくるし、また、「相手」の気持ちも考えられるように
なってくるので、噛んだり、手や足がでることは、かなり少なくなります。

今は、あくまでも「自分が中心」「自己主張」の時期です。


ただでさえ、自分の要求を上手く伝えられない、ストレスの溜まりやすい、
「反抗期」の時期ですから、
思いっきり身体を動かして遊ぶことで
ストレスを思いっきり発散させてあげることや、
ママと楽しく遊ぶことをたくさんしてあげてくださいね。

また、普段の生活の中でも、
「しっかり自分の気持ちを受け止めてもらっている」という安心感を
持たせてあげることで、情緒が安定しますので、
しっかりお子さんの気持ちを受け止めてあげてくださいね☆


トラブルの時の対応としては、
うまくいかなかった時や、噛んだりしてしまった時、
子どもの気持ちをできる限り、「言葉」で表現してあげること。

「○○がしたかったんだよね」とママさんが、言葉にあらわして、
しっかり気持ちを受け止めてあげてくださいね。

それにプラス、例えば物の取り合いならば「貸してね」って言おうねなど、
やりとりの方法を教えてあげるといいと思います。

そうすることで、手や足を出すのではなく、
「言葉」を使うコミュニケーションの方法を学んでいきます。

もちろん、それとともに、いけないことはいけないとビシッと叱ることや、
痛かった相手の気持ちを伝えることも大事です。
叱った後は、必ずフォローをしてあげてくださいね☆


ただし、そうすることですぐに改善できるわけではありません。

何度も繰り返し、そういうお友達とのやりとりを経験し、
そういう時のやりとりの方法を身近な大人に教えてもらったりしながら、
少しづつ、少しづつ学んでいきます。
根気よく教えてあげてくださいね。


お友達と遊ぶのが臆病になってしまう、
ママさんのお気持ちもとてもよくわかります。
だけど、恐れているばかりに、
お友達とのやりとりの経験が少なくなってしまうのは、逆効果です。

もし、トラブルになってしまったら、「謝る」しかないですが、
お子さんが、お友達とのやりとりを学ぶためにも、
勇気をもって、外に出かけてくださいね!


2〜3歳の時期、物の取り合いや、多少のトラブルは、当たり前のことです。
「お互い様」と心を許せるお母さん同士や、そういう環境の中で、
思う存分遊べるといいですよね。

ただし、自分の子どもがやられて、いい気がしないのは当然ですから、
もしやりそうになったら、寸前で止められるように、
しっかりお子さんを見ていることや、
自分の子どもへ、いけなかったことをしっかり伝えるなどの対応や、
お友達やお友達のママへ、ママさんがしっかり見本となって
謝ることも必要だと思います。


お引越されたとのことで、ママさんも新しい環境に慣れたり、
お友達作りなど、ただでさえ大変ですよね。

お子さんとともに、少しづつ、新しい環境や、
気の合うお友達ができて、楽しく遊べるように
応援していますね☆

たくさんお友達とのやりとりを経験していく中で、
お子さんが、噛んだり、髪を引っ張ったりなどの行動は、
ちゃんと改善できます!
お子さんを信じて、ママさんが温かく対応してあげてくださいね!


以上のお返事をメールにしてしたところ、
ご相談者より、メールが届きましたので、
次回、ご紹介します。

*:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について