夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

バックナンバー一覧へ戻る

2006/07/17 vol.59


*:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・


  MilkBox 〜保育士ママの子育て相談室〜

                   2006年7月17日 vol.59

*:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・



現在、約18万部発行の「育児のまぐまぐ」にて、
「おすすめ☆育児関連メルマガ情報」に


『MilkBox 〜保育士ママの子育て相談室〜』


が、紹介されましたっ!!


ヽ(゜・^*)^☆.。.:*・゜☆祝☆゜・*:.。.☆^(*^・゜)ノ


実は、今回は、2度目です。2回も紹介してもらえると
思っていなかったので、本当にうれしいです!!

これも読んで下さっている、皆様のおかげです(涙)


おかげ様で、発行当初の去年5月、発行部数12部からスタートして、
今回、発行時には、まぐまぐ、メルマガ天国、melma!を合わせて、
発行部数、約850部まで、読者数が増えました!!

本当にありがとうございます!!

これからも、より一層、頑張りたいと思っていますので、
どうぞよろしくおねがいします(*^▽^*)


────────────────────────────────


今回から新しく読者になって下さった皆様へ


はじめまして!!

保育士の仕事を経験して、現在は、やんちゃな我が子(2歳)の
子育て奮闘中です。

保育園での経験、勉強したこと、実際の育児の経験を
何か役立てられたらいいなと思い、メルマガを書いています。

メルマガを書くことで、自分自身、子育てを見直したり
また、読者の皆様の温かいメールに励まされたり、
同じ様に育児に悩んだり、奮闘している皆様のお話を聞くと、
私もがんばろう!って、とても励まされる毎日です。

娘の寝ている、わずかな時間に書いていますので
読みにくいところもあるかとは思いますが、
これからもどうぞ、末永くよろしくお願い致します☆


今までのバックナンバーは、HPにて、目次付で
まとめてありますので、のぞいてくれたらうれしいです↓
http://www.milk-box.com/mailmag/backnumber/index.htm

また、メルマガの内容を読みやすいようにHPに
まとめてあります。

子育て知識↓
http://www.milk-box.com/entry/index.htm

子育て相談↓
http://www.milk-box.com/advice/index.htm


毎日更新している、娘との日々や、保育園でのエピソード、
手作りおもちゃやおすすめの絵本、料理の紹介などをしている

「保育士ママ's育児DIARY」(ブログ)
http://milkdiary.blog16.fc2.com/

にも、遊びにきてくれたらうれしいです☆

また、育児DIARYの過去の記事もHPにて、目次付で
まとめてあります↓
http://www.milk-box.com/diary/index.htm



・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・

もくじ

1.ご相談者よりお返事が届きました。

〜子育て、何が正しくて、何がいけないのか?〜


・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・



□□□ ご相談者よりお返事が届きました。 □□□



前回、子育て相談のお返事をメールしたところ、
ご相談者より、メールが届きました☆

ご相談内容は、こちら↓

〜食事のマナーや食への関心が薄いことが気になります〜
http://www.milk-box.com/mailmag/backnumber/2006/mmbk0058.htm

以下、ご相談者より届いたメールです。


> お返事ありがとうございました。
>
> 「毅然とした態度」
> これが今の私の課題のようです。
>
> 子どもを甘やかしているつもりは毛頭ないのですが、
> いろんなことにおいて夫や幼稚園の先生、
> 園ママからはそう見られているようなのです。
>
> 私自身、「何が正しいか」の基準が定まっていないからだと思うのです。
>
> 例えば、食事中のテレビについても、
> ある家では何も考えずに見せていたり、
> ある家では断固として見せなかったり、
> 番組によって見せる家もあったり・・・。
> それに大人になれば大抵見てたりするし・・・。
>
> 考えれば考えるほどわからなくなります。
>
> 何だか母親業にほとほと疲れてしまいました。
>
> 絵本、ありがとうございました。
> 参考にさせていただきます。
>
> お忙しいのに本当にありがとうございました。


milkより


何が正しくて、何が間違っているか...
これって、確かに難しいですよね。

100人いれば、100通りの考え方があり、
子どもだって、みんな同じじゃない。

一人の子で上手くいった方法が
必ずしも、自分の子どもにうまくいくとは限らないですよね。


子育てって、本当に難しいと思います。

子どもにとって何がいいのかを模索しながら、
子どもと一緒に考え、
家族はもちろん、周りの人の意見やアドバイスを聞いたり、
助けてもらったりしながら、
みんなで、子育てしていくものですよね。

でも、だからこそ、子育てが楽しく、
みんなで子どもの成長を喜びあえる
ものなのかなって思います。


時には、悩んだり、疲れてしまったりすることだって
あります。どうしていいかわからないことも。


そんな時、誰かのアドバイスや協力は、
とてもありがたいし、助かることも
多いと思います。

だけど、先程書いたように、
みんな同じじゃないから、
いろんな人の意見があり、
「正しい」と思うことも違います。


私は、何が正しいかを判断するのは、
自分自身だと思います。

私の意見を含め、みんなの意見は、
あくまでも参考にして、
自分自身で考え、お子さんと一緒に
一番いいと思う方法を見つけてくださいね。

たとえ間違っても失敗しても、
そう気づいた時にやり直せばいいと思います。

「今」一番いいと思う方法を信じて、
信念をもってくださいね。


親が迷っていれば、子どもだって、迷ってしまいます。
親が「正しい」と思うことを「正しい」と
教えてあげていいのではないでしょうか。

もちろん、子どもの意思を尊重することも大事です。
子どもの気持ちを受け止めつつ、
でも、いけないと思うことは、いけないと教えてあげる
のも、親の務めだと思います。

そのうち、子どもも成長します。
物事の分別がついて、自分自身で、
ちゃんと、何が正しくて、何がいけないのかを
判断できるようになったら、
子どもの意思に任せてもいいのではないでしょうか。


テレビの事に関しては、
テレビを見ること自体が
絶対にいけないこととは思っていません。
(あくまでも個人的な意見です)

だけど、テレビを見ることで、
食事のマナーが悪くなったり、
親子の会話がなくなったり、
食べることに集中できないのであれば、
食事中のテレビは、やめた方が
いいと私は思います。


いろんな家庭方針がありますし、
いろんな意見があります。


あまり人の意見にまどわされすぎず、
自分がいいと思うことを信じてくださいね。

そして何より、
どうか、ご自分を信じてあげてくださいね。


お子さんがここまで、大きく成長できたのは、
まぎれもなくママさんのお力がとても大きいのですよ(o^-^o)

ママさんが、ちゃんと頑張っていること、
お子さんが一番わかっているのではないでしょうか。

時には、反抗したり、言うことを聞かなかったり
してしまうこともあると思います。

だけど、お子さんは、きっと、ママさんのことが
大好きだと思います。

それは何より、ママさんが、頑張っている証拠なのではないでしょうか。

時には悩んでしまうこともつらい時も、疲れてしまうことも
あると思いますが、どうか、ご自分を信じて
信念をもって、子育てが楽しめるよう、心から応援しています。


以上のお返事をメールしたところ、
後日、ご相談者より、メールが届きました。


> とても丁寧なお返事ありがとうございました。
>
> 育児には「正解」がないので、
> みんなちがって みんないい 、なのでしょうね。
>
> でも、だからこそ私にとっては難しい・・・。
>
> 自分を信じる、ということ。
>
> milkさんの言葉を胸に頑張りたいです。
>
> ありがとうございました。
> また何かありましたらメールさせてください。


『みんなちがって みんないい 』
本当にその通りですね!

子育てに「正解」がないから、いろんなやり方が
あって当然ですよね。

きっと、ママさんと同じように、迷いながら子育てしている方が
たくさんいらっしゃると思います。
もちろん私も同じです。

でも、迷いながらも、ちゃんと自分の信念をもって、
子育てが楽しめるといいですよね。

そして、子どもの成長に支えられたりしながら、
親も一緒に成長していけたらいいですねっ(*^▽^*)

*:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について