夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

バックナンバー一覧へ戻る

2005/11/28 vol.28


*:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・


  MilkBox 〜保育士ママの子育て相談室〜

                  2005年11月28日 vol.28

*:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・


これから、寒くなってくると、外遊びの時間が減ってしまいますよね。
できるだけ、外で身体を動かして遊んだ方がいいけど、
年齢が小さいほど、あんまり寒い日に無理して、
外で遊ぶのもよくないし、
風邪なんかも流行ってくる時期なので、
必然的に室内遊びも増えますよね。

ということで、これから少しづつ、
室内遊びの紹介などをしていきたいと思います。
(あわせて、外遊びも書いていきます)

ブログでもいろいろ書いていますので、読んでいない方は、
そちらも読んでくださいね↓

指先を使う遊び

お絵かきの発達



・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・

もくじ

1. やり遂げる力、達成感

2. 年齢にあった遊びやおもちゃについて

・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・



□□□ やり遂げる力、達成感 □□□


何かを最後までやり通すって、すごく大変なことだけど、
最後までやり通した時、出来上がった時、
とても充実した気分になれるし、
満足感や達成感って、すごくいいですよね♪

過程が大変で、くじけそうになっても、
ちゃんと達成した時の喜びって、
その後の意欲や、やる気につながるし、
何より、自信がつきますよね。

私は、そういう達成感が味わえた時の
子どもの笑顔って大好きです(*^▽^*)

ハードルが高すぎると、できなくて、挫折も多いし
簡単すぎてもつまらない。
だから、少し努力してできることが、
子どもにとってうれしいかなって思います。


保育園では、例えば、ボタンの練習をする時、
まずは、遊びから始めますが、少しできるようになれば、
実践もやりたがるのが子ども。
だけど、とっても時間がかかるし、
最後までボタンができるまでに挫折したり、
イライラしたりして投げ出したりが多かったです。
もちろん、全部頑張れちゃう子も中にはいますが。

なので、着替えの時、最初は、
上から、1番目と2番目だけをはずしておいて2つだけやってみよう!
という感じで、少しだけやれば、全部完成できるようにして、
最後までできた達成感、満足感が味わえるような工夫をしてました。

好き嫌いのある子もそうしてました。
例えば、嫌いなピーマンがいっぱいあるよりは、
最初から、減らしてよそって、
全部食べられてすごいねっ!がんばったねっ!って褒めるようにしてました。
そうすると、一口だけ食べて、たくさんお皿に残っているよりも、
少し食べて、お皿が空っぽの方が、より全部食べられた自信につながって、
食べられた後、とてもうれしそうにしている子が多かったです。
嫌いなものでも食べられたっていう自信がつくと、
好き嫌いが直っちゃう子だっていました。


最後まで、やり遂げられる力がつくのは、
そういう満足感や達成感を小さい頃から、知っている子だと思います。
最初は、ハードルは、高くなくってもいいから、
最後までがんばるのを応援してあげることと、
一緒に喜んでくれる人がいることは、
子どもにとって、大きな力になるって思います。

小さなことでもいいので、自分でがんばる力、応援してあげたいです☆



□□□ 年齢にあった遊びやおもちゃについて □□□


子どもの年齢や発達にあった遊びやおもちゃの紹介をしたいと思います。

年齢については、あくまでも目安ですので、子どもの発達に応じて
遊びが楽しめるといいのかなと思います。
また、子どもの興味も様々。いろんな遊びを知るということも
大事なので、一緒に楽しみながらこんな遊びがあると教えてあげる
のもいいし、でも、興味がなければそれはそれでいいと思います。
子どもが夢中になれる遊びを見つけ、たくさん楽しめるといいですよね。


<0歳児>

0歳の一年間は、とても目覚しい成長を見せてくれる時期です。
ねんねの状態から、首が据わり、腰がすわり、ハイハイ、つかまりだち、
中には、歩ける子も。運動機能の目覚しい成長に加え、情緒面も、まずは、
ママ、パパを認識するところから始まり、人と触れ合う楽しさを知る
土台となる一年間です。
遊びの中でも、まずは、『人に遊んでもらう楽しさ』『人と触れるたのしさ』
を味わえることが大事だと思います。
それとともに、発達に応じた遊び、おもちゃで遊べるといいですね。


★発達★

・6ヶ月未満

じっと顔を見る、目で追う、音のする方を見る、大きな声を出す、
手足を動かす、手を伸ばし触ってくる、自分の手を舐める、など


・6ヶ月〜1歳未満

物や手を舐める、噛む、落とす、叩く、投げる、振り回す、倒す、
ひっくり返す、「あーあ」などの喃語(なんご)が盛んになる、
「パパ、ワンワン」などの言葉が出てくる、
お座り、たかばい、ハイハイ、つかまりだち、など


★発達にあった遊び、おもちゃ★

・6ヶ月未満

抱っこしてもらうことを喜ぶ
手足を動かしてもらうことを喜ぶ、赤ちゃん体操
目で追う、音を聞く、動きのあるおもちゃ(オルゴールメリーなど)
舐めたり、握ったりして遊べるおもちゃ
(ガラガラ、ボール、手触りのいい布製おもちゃなど)
引っ張ると変化のあるおもちゃ
(紐を引くと、音が鳴ったり、動いたりするおもちゃ)など


・6ヶ月〜1歳未満

歌を歌ってもらう、簡単な手遊び、触れ合い遊び
(いないないばぁ、一本橋コチョコチョ、ちょちちょちあわわなど)
噛むことのできるおもちゃ(歯固めなどの薄くてにぎりやすいおもちゃ)
ハイハイなど動けるようになった時に、追いかけることのできるおもちゃ
(ボール、ひも付きの引っ張ることのできるおもちゃ)
引っ張る、つまむ、入れる、落とすなど指先の遊び
(型落とし、ベビージムなど)
積んだり、崩したりできるおもちゃ(積み木)
つかまって歩くことのできるおもちゃ(カタカタ、ウォーカー)
まねっこ遊び(車、電車、ままごとなど)、など


次回以降に、1歳〜5歳児のおすすめの遊び、おもちゃなども
紹介したいと思います。

*:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について