夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

バックナンバー一覧へ戻る

2005/5/30 vol.2


*:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・


  MilkBox 〜保育士ママの子育て相談室〜

                  2005年5月30日 vol.2

*:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・


先日、娘と公園で遊んでいる時のこと。
小学校ぐらいのお姉さんが、娘と遊んでくれている時
私に言いました。

「赤ちゃんは、お空の上でいつも、ママを探していて、
この人がいい!と思った人から生まれてくるんだって。
だから、今のママを選んだんだねっ♪」

それを聞いて、あっそうか〜。娘は、
私を選んでくれたのねって素直にそう思えたのでした!

私を選んでくれてありがとう。

そういう気持ち、いつまでも忘れないでいたいです。


・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
もくじ

☆「育てる」のではなく「育つ」ということ☆

1. 保育士ママの子育て奮闘記
   〜生活リズムについて〜

2. 保育園でのエピソード

・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・

☆「育てる」のではなく「育つ」ということ☆

子どもは、育てているのではなく
自らの力で育っています。

確かに産まれたばかりの乳幼児期は、人の力を
借りなくては、生きていくことはできません。
しかし、あくまでも親の力は、援助であり、
生きているのは、自らの力です。

よく、育児に疲れたママ達から
「こんなにがんばっているのに、どうして...」
と嘆いている言葉を聞きます。

育ててあげている、やってあげている
と思うと、どうしてもその見返りを
求めてしまうから、そう思ってしまうのではないでしょうか。

逆に、一生懸命自らの力で育っている
その生命力に感謝しながら育児をしていると
自然に子どもの成長を喜び、感動することが
できるのではないでしょうか。

「こんなに成長してくれてありがとう」
と思っているママには、子どもも
ママが喜んでくれている温かい眼差しを感じ、
生きる力が、もっと、もっと沸いてくることでしょう!

日々、成長している我が子の生命力に感謝しながら
育児ができたら、ほんとにステキなことですね(*^^*)



□□□ 保育士ママの子育て奮闘記 □□□

〜生活リズムについて〜

生活リズムをつけるというのは、
具体的にどういうことかというと、

0歳から6歳ぐらいのお子さんでしたら、

1.朝は、6時台に起きて、夜は、8時台に眠る。
2.食事、おやつは、決まった時間に。
3.お昼寝は、2時間以内、
4.遅くても午後3時半過ぎは、昼寝をしない。

(個人差があるので、1時間程度の誤差は、大丈夫)


生活リズムをつける利点としては、

1.夜ぐっすり眠れるようになる
2.日中、ぐずることが少なくなる
3.寝かしつけるのが楽になる
4.早く寝てくれると、ママの時間が増える


というところだと思います。
理由としては、生活が規則正しくなるため、

・身体のリズムが整うので、夜ぐっすり眠れる。
・日中も調子がより、ぐずることが少なくなる。
・夜熟睡できるので、日中眠くてぐずることも少なくなる。
・リズムができると、だいたい同じ時間に眠くなるので
・寝かしつけも楽になる。
・早く寝てくれれば、ママの自分の時間が増える。

それに、夜遅くまで起きている子どもは、
肥満になりやすいのだそうだそうです。
(育児日記ブログにかいたので、そちらもみてね↓)
夜型の子どもは太る?!

それなら生活リズムをつければいいじゃない?と
思うかもしれません。
でも、実際生活リズムをつけるのは、
そんなに簡単ではないんです!!

保育園時代も、「なかなか寝てくれなくて、困るんです」
「パパが帰ってくるのが遅いので、パパと遊ぶ時間が
 ないから、夜どうしても寝るのが遅くなってしまう」

などなど、生活リズムや寝かしつけ、睡眠に関する
相談、質問がすごく多かったことからしても、
それだけ、みなさん苦労しているということでしょう。

実際、私の場合、娘が8時ぐらいに眠るようになったのは、
10ヶ月頃。昼寝が1回になり、夜一晩ぐっすり眠るようになったのは、
1歳過ぎです。
生活リズムができてからは、夜8時〜朝までぐっすりだし、
寝かせるのも楽になって、ほんとに良かったと思います。

もちろん、もっと早く生活リズムをつけられれば、それにこしたことは、
ないのですが、夜何度も起きるのに、早く寝かせて早く起きられたり、
夜中ぱっちり目が覚めて遊ばれた日には、ほんとかないません。
実際そんな日もたくさんあったし。

そんなわけで、夜8時に眠るようになったのが、10ヶ月頃だけど、
それまでは結構遅くまで起きている日もありました(反省)。

育児書には、3ヶ月で昼と夜の区別がつき、夜もぐっすり...
なんて書いてある本もあるけど、どこがだよ(怒)と思ったものです。
(実際、そんな赤ちゃんもいますけどね)

そこで、赤ちゃんの睡眠について、けっこう調べました。
赤ちゃんが大人と同じ睡眠サイクルになるのは、
だいたい2〜3歳頃。だから、それまでは、度々起きるのは、
当たり前なのだそうです。ちなみに、3歳頃が人生の中で
一番、長く、深く眠れるのだそうです。
それでも、9ヶ月頃には、けっこうよく寝るようになるらしいですけどね。
ただし、その頃から、夜泣きが始まる子もいます。
夜泣きのメカニズムについては、はっきりわかっていないですが、
代表的なものは、昼間の刺激が強すぎたり...などいわれています。

お友達の赤ちゃんは、産まれてから、現在(約2歳半)まで、
ほぼ毎日、夜泣きをするという人もいて、
その人は、2人目は、もうこりごりなのだそうだそうです。
(ちなみに、夜泣きの定義は、夜中2時間以上泣くことだそうです)

また、母乳を夜中飲んでいる赤ちゃんもけっこう夜中起きる
という話もよく聞きます。娘もそのタイプでしたしね。
実際、娘は、母乳を卒業したあたりから、夜ぐっすり
眠るようになりました。(夜中起きる原因がそれだけではないので
母乳を止めれば寝るようになるとは限りませんし、実際母乳を卒業したから
眠るようになったのかはわからないですけどね)

次回、生活リズムについての続きと
   子どもが早く寝るようになるためのコツ☆を書く予定です。


□□□ 保育園でのエピソード □□□

〜謎の物体〜

とても愛想がよく、元気で明るい2歳と4歳の子どもを持つママのお話です。

普段から、とても明るく愛想がいいので、お友達も多く、
そして子どももとてもかわいい!

ただし、忘れ物がとても多く、少しだらしがないのがたまに傷。
食事で使ったエプロンが次の日も入っていたり、
もって帰ったはずのオムツがかばんに入ったままだったり。
(時間が経っているのでとてもいい臭いがします...)

週末は必ず、シーツを持ち帰ちかえり、月曜日
洗って持ってくることになっているんですが、
持って帰ると、持って来るのを忘れることが多い。

月曜日のある日、「シーツ持ってきた?」
と聞くと、「バッチリ、持ってきたよ〜」
というので、「えらい!!ちゃんと持ってきて!」
な〜んていっていたのだが...。

お昼寝の時間になり、シーツを広げるとなんと、
シーツに、謎の物体がべたべたたくさんついている!!

よく見ると、それは、「柿の種」
かばんの中を見てみると、柿の種が入った
お菓子の袋が空いたまんま入っていた...。

シーツについた柿の種を一つ一つ
取りながら、、
「なぜ、子供のかばんに柿の種???」
と頭を悩ますmilkでした。


*:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について