夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

育児DIARYの子育て知識一覧へ戻る

お箸の練習

2006/01/26(木)

以前、お箸の記事を書きましたが、その後の娘は、というと、以前紹介した、エジソンのお箸を使って、おままごとで遊んでます。

エジソンのお箸は、簡単に使えちゃうので、だいぶ前からできましたが、お箸は、難しすぎてできないので、とくに何もしていませんでしたが、最近、ボタンもできるようになってきたし、指先も器用になってきたので、今日、お箸をやってみました(*^▽^*)

まだ、お箸は使ったことがないし、最初からできるわけはないので、まずは、遊びからということで、おままごとで遊んでみました☆

保育園では、はじめてのお箸の練習は、紙くず、フェルトを細長く切って結んだ物などをお箸でつかむと、すべりにくく、つかみやすいので、利用してました☆

ということで、早速やってみると...まず、自分のお箸が持てたことに大喜びでした(*^▽^*)

そして、肝心の持ち方ですが、正しい持ち方で持てているのに、(ノ゜凵K)ノびっくり☆

これは、エジソンのお箸で遊んでいた成果なのか、お絵かきなどで、正しい鉛筆の持ち方ができるようになって、お絵かきたくさんしているからなのか、よくわかりませんが、とにかくビックリでした!!!
(エジソンのお箸は、保育園では、使ったことなかったですけどね)

前に、ママのお箸を持ちたがって持たせてみた時は、指が不器用なので、なんだか変な持ち方になってたし、全くできなかったのですが、今回は、しっかり持ててました。

やっぱり、ボタンはめができるぐらい器用になると、しっかり持てるようになりますね。

ただし、初めから上手にできるわけもなく、うまく箸を広げて使うのはできていませんけどね。左手で、箸にはさんで、「つかめた!」と喜んでました(^ー^* )フフ♪
少しづつ、上手になるといいねっっ☆

おままごとで、上手につかめるようになったら、ご飯の時にも、使ってみようと思います♪

ちなみに、お箸ができるようになるには、正しいスプーンの持ち方や鉛筆の持ち方ができていないとできません。スプーンの持ち方については、以前記事をかいていますので、そちらも読んでくださいね→スプーンの正しい持たせ方

娘は、初めてスプーンを持った時は、握り持ちでしたが、1歳半ぐらいには、正しい持ち方ができるようになりました。正しい鉛筆の持ち方ができるようになったのは、2歳ぐらいです。それまでは、握って書いてました(o^-^o)

保育園で教えている時も、指先が器用になるにつれて、だんだん正しい持ち方もできるようになっていました☆

だいたい2歳児クラスで、個人の発達に合わせて、握り持ちから、正しいスプーンの持ち方→鉛筆の持ち方→お箸の持ち方を教えていました。

お箸は、大きくなってから、一度覚えてしまった持ち方を直すのは、なかなか難しかったので、2歳半〜3歳ぐらいに、ボタンはめができるようになったり、正しい鉛筆の持ち方ができるようになるぐらい、ある程度指先が器用になったら、正しい持ち方を教えてあげるといいと思います。

でも、お箸ができるようになるのは、個人差が大きいし、できるようになる年齢にも幅があるので、子どもの指先の発達や子どもの興味にあわせて、練習できるといいかなと思います。

お箸ができるのが早くても遅くても、それは問題じゃないし、子どものペースで、楽しんでできるといいですよね(*^▽^*)

スプーン、鉛筆などは、一歳ぐらいでも、たまに最初から上手に持てちゃう子もいましたけどね。
でも、なかなか最初から、正しい持ち方でうまく持つのは、難しかったです。特にスプーンは、持ち方よりもまず、うまく口へ運ぶことが優先で、自分で食べる楽しさを知ることの方が先だと思いますしね。

でも、子どもって、教えなくても、スプーン、鉛筆などは、見ようみまねでできちゃう子もたくさんなので、すごいです(*^▽^*)
ただ、お箸は、できれば最初から、正しい持ち方を教えてもらった方がいいと思いますよ☆

ということで、今日は、お箸のアイテムが加わったことにより、ますます、おままごとが、盛り上がりました〜〜(*^▽^*)
ご飯の時に、自分のお箸で食べられる日が、楽しみです♪♪

関連リンク
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について