夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

育児DIARYの子育て知識一覧へ戻る

お正月の由来

2005/12/28(水)

今日は、お正月の由来を紹介したいと思います。

子ども達には、とても簡単にお話していましたが、新しい年を迎えるにあたり、行事の意味を知ると、大人もまた新たな気持ちになるので、行事の由来、知っておくのもいいですよ〜〜♪

門松・しめ飾り

四角台 門松手作りちりめん細工迎春用正月飾り リュウコドウ
紙バンド手芸トライアルキット♪お正月をつくろっ!注連縄飾り

一年間、家を守ってくれる歳神さま〈お正月さま〉を迎えるために飾ります。

門松は、歳神さまが降りてくる目印と考えられていました。松は「待つ」につながり、竹は真っ直ぐに伸びることが潔く、また節があることからけじめがあるとされ用いられているそうです。

しめ飾りは、神を迎える清浄な場所であることを示し、周囲の汚れを絶つ印として用いたそうです。古い年の災いをしめだすのと、新しい災いが家の中に入らぬように、呪としての意味もあるのだそうです。

飾りつけは、26日から28日の間にするそうです。29日は苦立て、31日は一夜飾りといい、縁起が悪いと言われています。

初詣

1年の無事を祈るため、寺や神社に無事息災を祈りお参りします。松の内(7日まで)にすませるといわれています。

松の内とは、年神さまがいる期間のことで、地域によって期間は異なり、4日から15日までとそれぞれです。松の内に年始回りをし、最終日に正月飾りを外すなど、正月行事の目安とします。

若水(わかみず)

新年を迎えた元旦の夜明け前、最初にくむ水のことです。神仏に供え、家族の食事を整えるために用います。邪気をはらい、命を若返らせる水とされるため、福茶を入れて飲んだり、雑煮に使ったりするのだそうです。

屠蘇(とそ)

屠蘇器 セット お屠蘇セット おとそ お正月 山中塗 小判屠蘇器 朱渕金塗 3867(12209-1) ギフト プレゼント【RCP】

中国から伝わった祝いの儀式で、薬酒である屠蘇を飲むと1年の邪気をはらい長寿をもたらすといわれます。

破魔弓・破魔矢

最大19倍ポイント<スマホエントリーだけで> 破魔弓 久月 ケース飾り 新永宝 彫金 太刀 20号 木製ケース カブセケース オルゴール付 【2017年度新作】 h291-k-eihou20

悪魔を破滅させる弓、矢として飾られます。魔除けになるのだそうです。また、男子の誕生を祝い初正月に贈る習慣もあるようです。

羽子板

2017年度の初正月に最適!「初正月に最適! わらべ羽子板 【こだわり縮緬細工×選べる4種類】」雛人形と一緒に飾れるコンパクトサイズ 女の子の節句 お正月飾り

羽子板で羽根突き遊びをすることから、あらゆる邪気、悪魔をはね(羽根)のけることから、魔除けの力を持つと言われています。女子の誕生を祝い初正月に贈る習慣もあるそうです。

おせち料理

運動会 お重 HAKOYA(ハコヤ) 布貼角型3段重【運動会 お弁当箱 3段 重箱 運動会 重箱 3段 重箱 おしゃれ 重箱 かわいい お重箱 3段 お重箱 おしゃれ ランチボックス 3段 国産 じゅうばこ お弁当箱 お正月 おせち】【楽ギフ_包装】【02P03Dec16】

お供えたごちそうをいただくという意味と、神を迎えている間は煮炊きをしないという風習(主婦を休みましょう!という意味もあります)から正月のおせち料理が生まれました。伝統的なおせち料理は、四季をかたどった4段重ねの重箱に詰めるが正式ですが、現在では簡略化されています。

おせち料理の詰め方は地方、家風によって変わりますし、決まりはないようですが、一般的には、

一の重「祝い肴(ざかな)」黒豆、数の子、ごまめなど。
二の重「口取り」きんとんやかまぼこなど、甘いものを中心に。
三の重「焼き物」海の幸など。
与の重「煮物」(四は忌み数字で使用しない)山の幸など。
※五の重が控えの重、とする場合が多いようです。

のように詰めるようです。

また、おせち料理、一つ一つにも意味があるようです。

黒豆来年も、まめに働けることを願っています。
かずのこニシンの卵。「二親」に通じ子宝に恵まれることを祈っています。
昆布(こぶ)「よろこぶ」の語呂合わせで祝いの席には、かかせないものです。
ごまめ田作り(たづくり)にします。田の収穫の多いことを祈っています。
伊達巻「伊達」とは華やかさ、派手さという意味で華やかでしゃれた卵巻き料理ということで“晴れの料理”として用いられました。文化発展を願う縁起物という意味があるそうです。
栗きんとんきんとん「金団」 と書き、その色から財産を現し、富を得る縁起物とされています。
紅白かまぼこ江戸時代、様々な細工かまぼこが作られるようになると、祝儀用としてかかせないものになっていきました。赤は邪気を白は清らかな心の意味があるそうです。

その他にも

見通しが聞く
エビ長寿
金卵金銀財宝
紅白なますお祝いの水引(平和)
たたき牛蒡豊年・息災
橙(だいだい)代々の語呂合わせで子孫繁栄
八つ頭人の上に立つ
お多福豆福を招来する
めでたいの語呂合わせ
ごぼう放念と息災
里芋(サトイモ)子宝

などの意味があるそうです。

鏡餅

鏡餅

鏡もちが丸いのは人の魂をかたどっているためといわれています。大小のもちを重ねることで、陰(いん・月の意味)と陽(よう・太陽の意味)を重ね、福徳の重なることを願っています。正式な飾り方は三方(さんぽう)に半紙をしいて、うらじろとゆずり葉を置いた上にもちを重ね、昆布を下げ、もちの上にダイダイを置きます。

1/11日鏡開きは、正月にお供えた鏡もちを、しるこや雑煮にしていただく祝いごとです。鏡もちを切るときは、刃物を使わず、手や木づちなどで割るものといわれています。割るという言葉を、運を開くという意味を含めて鏡開きと呼ぶようです。

雑煮

犬用おせち 無添加(お雑煮・おしるこ)2017年【早割 予約プレゼント】

地方、家庭により様々で、決まりはないと言われています。鏡餅とは別に大晦日の夜に年の神にお供えした餅を、元旦の朝にさげ、年男が汲んだ若水で煮てみんなで食べたのが始まりのようです。餅だけでなく、お供えした野菜なども一緒に煮る風習があります。

関東では、すまし汁に四角の餅関西は、味噌仕立てに丸い餅を入れる家庭が多いそうです。

書初め

正月2日を一年の事始めとし、その年の心構えや抱負などを書き記し、精進するとうまくいくといわれています。

また、習いごとなどもこの日に始めると一年間うまくいくとも言われています。この日に書いた書を左義長(1月15日)に燃やすと書の腕前が上がるともいわれています。

七草粥・小豆粥

パラポスター「七草粥」

1月7日の朝に七草粥を食べると、一年中無病息災で過ごせると信じられています。

また、正月の不規則な生活や、負担のかかった胃を休ませる意味も含まれるようです。

始まりは、米、麦、あわ、ひえ、きび、ごま、あずきの七つの穀物を粥にして食べていたが、鎌倉時代あたりから七種の草に変わったといわれています。七草の種類は、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、仏の座、スズナ(カブ)、スズシロ(大根)が一般的です。

小豆粥は、小正月〈1月15日〉に小豆粥を食べて悪鬼を避け、疫病を払うという風習です。これも門戸を祀るのに豆の粥をつくったという中国の風習に習ったものです。今日でも祝い事があると、赤飯を炊きますが、これも同じ風習から生まれたようです。

関連リンク
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について