夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

子育て知識一覧へ戻る

年齢にあった遊びやおもちゃ〜3歳児編〜

子どもの年齢や発達にあった遊びやおもちゃの紹介をしたいと思います。
今回は、「3歳児編」です。

子どもが楽しめる遊びや、発達にあった遊びを見つけるきっかけになったり、また、子どもの興味、関心をひく遊びを、親子で楽しむきっかけになってくれたらいいなと思います。

年齢については、あくまでも目安ですので、個々の子どもの発達に応じて、年齢にこだわらず<遊びが楽しめるといいのかなと思います。

また、子どもの興味も様々。興味のあるもの、好きな遊びをたくさん楽しめるといいですね!また、いろんな遊びを知るきっかけになったらいいなと思いますので、一緒に楽しみながら、こんな遊びがあると、いろんな遊びを教えてあげるのもいいし、でも、興味がなければ、それはそれでいいと思います。

子どもの興味、関心によっても、かなり遊びに差が出てきますので、興味のあるもの、好きなものをどんどん伸ばしてあげられるといいですね(*^^*)

子どもが夢中になれる遊びを見つけ、親子でたくさん楽しんでくださいね!

3歳児

3歳児の一年間は、生活、遊びともに目覚しく発達する一年です。3歳の一年間で、まだ介助の必要なこともありますが、一通り、生活面は自分でできるようになり、ある程度の言葉も理解し、使うことができるようになります。運動能力も一通り育ち、話し言葉の基礎や、食事、排泄なども、かなり自立してできるようになってきます。

お友達との交流が、とても重要になってきて、友達と一緒に遊ぶ楽しさや、分け合うこと、時には、いろんなトラブルも経験しながら、順番や約束があることも少しづつ、わかってくるようになります。

お友達との関係は、まだまだ並行遊びも多いのですが、それでも、今までに比べるとグンと関わりが広がり、お友達同士での「ごっこ遊び」などもより楽しめるようになってきます。また、遊びも、より発展して遊べるようになってきます。

「なぜ」「どうして」などの質問も盛んになり、よりいっそう言葉が豊かになり、また、物の名称や機能も理解できるようになってきます。

「お手伝い」などができることに、喜びや自信がつく時期でもあり、積極的に、家のお手伝いや自分の役割を持たせ、できた「自信」や「誇り」を持たせてあげるのもいいですね。

自我が、よりはっきりしてきて、何でも自分でやろうします。自分で、できるようになることも多く、言葉も一通り話せますが、まだまだ自分の思い通りにうまくできないこともあり、自分の気持ちを言葉に表現できるだけの力もないために、トラブルも多い時期です。

自分でできるところは温かく見守りつつ、うまく表現できない気持ちなども、しっかり受け止め、子どもの成長を見守ってあげたいですね(*^^*)

※同じ3歳児でも、月齢によっても差がありますし個人差もありますので、一年間でできることの、あくまでも目安と考えて下さいね。

★発達★

  • 一人で食事をする。
  • いろんな物を進んで食べようと意識ができるようになる。
  • 排泄を自分でしようとしたり、自分でできる子も出てくる。
  • 衣服の着脱を一人でやろうとしたり、自分でできる子も出てくる。
  • 自分で手洗いや鼻をかむことができるようになる。
  • 自分の身体の異常を、少しは訴えることができる。
  • 危険なことを理解できるようになり、自ら避けようとすることも少しづつできるようになる。
  • 友達とごっこ遊びをより発展して楽しめるようになってくる。
  • 順番などの理解も少しづつできはじめる。
  • ルールがあることも少し理解できるようになってくる。
  • 自分の物、人のものとの区別、また共同で使うものの区別もついてくる。
  • 身の回りの物、名称、数、形、量など、いろんな物に興味をしめす。
  • あいさつや返事、日常生活で使う簡単な言葉を理解し、使うことができるようになってくる。
  • なぜ、どうして、などの質問が多くなってくる。
  • 絵本や紙芝居の内容を理解し、イメージすることができるようになってくる。
  • 音楽に親しみ、聞いたり、歌ったり、身体を動かすことを楽しむ。
  • 絵を描いたり、形を作ったりなど、はさみ、のりなどの用具を使い、工作を楽しむこともできるようになる。
など。

★発達にあった遊び、おもちゃ★

遊びやおもちゃは、2歳児編とほとんど変わりませんが、2歳児よりも、より複雑な遊びができるようになり、また一層発展して遊ぶことができるようになります。一人遊びも、集中する時間がより長くなり、お友達と遊ぶ時も、よりお友達と関わって遊ぶことができるようになります。

子どもの興味、関心により、好きなことは、どんどん複雑なことができるようになり、子どもの力もグンと伸びますので、好きな遊び、興味のある遊びをどんどん楽しませてあげてくださいね。

ごっこ遊びも、より発展して遊びこめるようになり、イメージする力や、言葉のやりとり、人との関わりも、ごっこ遊びの中でたくさん学ぶことができますので、たくさん、ごっこ遊びを楽しんでくださいね。

  • 戸外で思いきり遊ぶ(歩く、走る、飛ぶなど)。
  • 追いかけごっこ、かけっこ。
  • 散歩を楽しむ(自然、小動物、などに触れる)。
  • 公園で遊ぶ(砂遊び、固定遊具など)。
  • ボール遊び、シャボン玉。
  • 季節の遊び(水遊び、雪遊び、お正月の遊びなど)。
  • 体操、リトミックなど、音楽にあわせて踊る。
  • まねっこ遊び(動物など)。
  • 歌を歌う、手遊び。
  • 音が出るおもちゃで遊ぶ(タンバリン、カスタネット、鈴など)。
  • 絵本、紙芝居を読んでもらう。
  • 乗用玩具、三輪車に乗って遊ぶ。
  • 指先を使って遊ぶ。(積み木、お絵かき、ぬりえ、粘土、絵の具、パズル、ひも通し遊び、型落としのおもちゃ、シール貼り、ブロック、はさみ、のり遊び、簡単な工作、ボタンはめの遊び、お箸の練習を兼ねた遊び、など)
  • ごっこ遊びを楽しむ。(おままごと、お買い物ごっこ、病院ごっこ、お店屋さんなど)
  • 言葉のやりとりを楽しむ。
  • カルタ、絵合わせカード遊び。
  • お友達との関わりを楽しむ。
  • 簡単な劇遊びを楽しむ。
など。

※発達や発達にあった遊び、おもちゃは、あくまでも目安なので、お子さんに合わせて参考にしてくださいね。

その他のおすすめのおもちゃは、こちらです。

関連リンク
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について