夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

子育て知識一覧へ戻る

離乳食の悩み

先日、離乳食に関するニュースがありました → 厚労省、「6カ月離乳」検討へ

昔は、果汁を与える時期もすごく早かったし、保育園に入園してきた6ヶ月の子が、家庭でまだ離乳食を始めてないと、「まだ、やってないの?」という感じもあったのですが、何年か前あたりから、変わってきました。
保育園でも、6ヶ月未満のお子さんに果汁を与える、というのが見直されました。必ずやらなければならない、ということではなくなったからです。果汁のやりすぎで肥満になったり、ということも出てきたようです。

母乳の栄養が見直されたことも要因の一つです。母乳を飲んでいれば、いろんな味を味わえるので、離乳食の準備として、いろんな味に慣れさせる必要がない、ということもあるようです。

加えて、あまり早くから、果汁やその他、離乳食を始めすぎると、腸にとっての負担になり、将来的に、便秘、下痢になりやすい腸になってしまう、ということもいわれるようになりました。

離乳食の悩みの中で、
「離乳食をあまり食べなくて心配」
「母乳ばかり飲んで食べない」
というご相談が、保育園でもそうでしたが、とても多いです。

だけど、母乳を飲んでいるのであれば、そんなに心配は要りません。1歳未満のお子さんは、離乳食は、あくまでも、食べること、噛むことの練習と考えてもらえば大丈夫です。

少ない量でも、ゆっくりよく噛んで食べる習慣ができることが、離乳食の第一目的です。母乳、ミルク以外の味に慣れる、というのは、その次で大丈夫です。母乳は、母親が食べた物により、いろんな味がするので、いろんな食品に慣れさせなくても、消化のいい形で、いろんな味を経験しているからです。母親が食事をバランスよく食べていれば、自然にいろんな味も味わえるし、栄養バランスもいいと思います。

ミルクで育ったお子さんの場合、味がいつも同じなので、多少、少しづついろんな味に慣れさせることも必要ではあると思います。ただし、離乳食を早くから、あせって始める必要はないと思います。あくまでも、お子さんのペースで、あせらずゆっくり、進めてあげてくださいね。

離乳食を好き嫌いなく、ある程度の量が食べられた方がいいとは思いますが、でも、もし離乳食を食べる量が少なかったとしても、食べ物は、少し大きくなればちゃんと自ら食べるのですし、「食べないから」と、あまり心配しすぎなくても大丈夫です。本当にお腹が空いていれば、食べると思いますしね!

大事なのは、
「食べることが楽しい」
「食事の時間が楽しい」
と子どもが思えることだと思います。

食事は、家族団らんの場。楽しい食事の時間にできれば、それが一番です(*^^*)

はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について