夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

子育て知識一覧へ戻る

子どもが親から離れられないのは

先日、保育園でやっている子育て支援活動に、お友達と一緒に参加してきました。

広いお部屋で、いっぱい遊んで、娘は、大喜び。三輪車が気に入って、いっぱいこいで遊んでいました。
相変わらず、手作りおもちゃの多さと、毎回違う、季節にあったかわいい壁画に感心しました(*^▽^*)

室内でいっぱい遊んで、体操したり、エプロンシアターを見た後、園庭で遊ばせてもらうことに。
みんな大喜びで、園庭で遊び出す子ども達。その中に混ざって娘も砂場で遊びはじめました。

親と一緒に遊ぶ子。いろんなとこに遊びに行って、自由に走り回ったり、好きな遊びをみつけ、自らどんどん遊んでいる子。ママに抱っこされて、遊べない子などなど、みんないろいろでした。
初めて、この親子で遊ぶイベントに参加している人もいるし、この保育園自体に慣れている子も少ないので、ほぼ、みんな始めての場所で、遊んでいる、という状態です。

そんな中、園庭で遊べず、ママに抱っこされて離れない子どものママ(お友達ママ)と、保育士さんの話が聞こえてきました。

お友達ママ
「最近、仕事を始めたばかりで、時々保育園に預けていることもあって、ママと離れていると、『置いていかれる』と思うみたいで、今、ママにベッタリなんです。」
保育士さん
「2歳前後で親から離れて遊ぶって難しいですよね。この時期いっぱいママとの信頼関係ができていれば、これから先、集団生活などの中でママと離れたとしても、いっぱい元気に遊べますからね。」

お友達ママは、同じぐらいのお友達が元気に遊んでいる中、仕事をはじめたばかりだからということはあるものの、もしかして、信頼関係できていないのかな?と、ちょっと不安になってました。

実は、保育園で働いている時も、似たような話、よく聞きました。

入園したばかりや長いお休みなどの休み明け、また何か特別な理由がある場合などを除いて、普段、家族と離れた場所で元気に遊べるのは、家族の関係がしっかりできているから、などなど。
確かに、母親や家族との信頼関係がしっかりできている子どもは、精神的に安定していると思います。

だけど、
母親との信頼関係
って、目に見えないから、私だって時々ちゃんと信頼関係できているのか不安になることはあります。

話は変わりますが、子どもが乱暴なことをしたり、何かいけないことをすると、すべては、「親の責任」「育て方が悪い」みたいに言われることってありますよね。

確かに、母親や父親がになう役割は、かなり大きなものであることは間違いないと思います。だけど、それだけじゃないのかなって思います。

子どもって、母親、父親だけに育てられているわけじゃないって思いますしね。持って生まれた、もともとの本人の素質だってあると思うし、年齢や時期的なもの、お友達、地域、環境など全てがいろいろ、からみあっていると思います。

今回のことも、子どもの性格(恥ずかしがり屋だったり、場所見知りなど)もあるし、環境(初めての場所など)だったり、仕事を始めたばかりだった、ちょうどお腹が空いたり、眠くなってくる時間だったなどなど、いろんなことがあって、ママから離れられなかったんだろうなって、思います。

仕事に関しては、保育園にも、時間とともに、慣れると思いますしね。家族と離れることは、子どもにとって、とてもさみしいことであることは仕方ないことですが、保育園のような場所で家族以外の人にたくさんかわいがってもらえたり、子どもにとっても家族以外にも大好きな場所が増えるのは、いいことだと思いますしね。

後追いの時期が過ぎて、ある程度大きくなっても、ずっと親から離れられない、いつも子どもが不安定っていうのは、確かに家庭環境見直す必要もあると思いますが、大抵の場合、一時的なものかなって思います。

大事なのは、すべてが親の責任と不安になったり、思いつめないこと。そして、これからどうするかということだと思います。

今は、親から離れられない気持ちをしっかりそのまま受け止めてあげられれば、それでいいと思うし、これから先は、その原因により、例えば、性格的に、人見知りしやすいのであれば、いろんな人と触れ合う機会を作って一緒に楽しむなどしたり、していったらいいと思うし、時期的なもの、年齢的なものなら、成長とともに、自然に克服できると思いますしね。

もちろん、これから先も、いっぱい家族との信頼関係を作っていくことも大事だと思います。

たとえ、今、親から離れられずにいたとしても、いつか、子どもは、親から巣立ちます。

その時には、親から、離れられなかった時期がきっと懐かしくなるのでしょうね。

google adsence
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について