夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

子育て知識一覧へ戻る

やり遂げる力、達成感

何かを最後までやり通すって、すごく大変なことだけど、最後までやり通した時、出来上がった時、とても充実した気分になれるし、満足感や達成感って、すごくいいですよね♪
過程が大変で、くじけそうになっても、ちゃんと達成した時の喜びって、その後の意欲や、やる気につながるし、何より、自信がつきますよね。

私は、そういう達成感が味わえた時の子どもの笑顔って大好きです(*^▽^*)

ハードルが高すぎると、できなくて、挫折も多いし、簡単すぎてもつまらない。だから、少し努力してできることが、子どもにとってうれしいかなって思います。

保育園では、例えば、ボタンの練習をする時、まずは、遊びから始めますが、少しできるようになれば、実践もやりたがるのが子ども。だけど、とっても時間がかかるし、最後までボタンができるまでに挫折したり、イライラしたりして投げ出したりが多かったです。もちろん、全部頑張れちゃう子も中にはいますが。

なので、着替えの時、最初は、上から、1番目と2番目だけをはずしておいて2つだけやってみよう!という感じで、少しだけやれば、全部完成できるようにして、最後までできた達成感、満足感が味わえるような工夫をしてました。

好き嫌いのある子もそうしてました。例えば、嫌いなピーマンがいっぱいあるよりは、最初から、減らしてよそって、全部食べられてすごいねっ!がんばったねっ!って褒めるようにしてました。そうすると、一口だけ食べて、たくさんお皿に残っているよりも、少し食べて、お皿が空っぽの方が、より全部食べられた自信につながって、食べられた後、とてもうれしそうにしている子が多かったです。嫌いなものでも食べられたっていう自信がつくと、好き嫌いが直っちゃう子だっていました。

最後まで、やり遂げられる力がつくのは、そういう満足感や達成感を小さい頃から、知っている子だと思います。最初は、ハードルは、高くなくってもいいから、最後までがんばるのを応援してあげることと、一緒に喜んでくれる人がいることは、子どもにとって、大きな力になるって思います。

小さなことでもいいので、自分でがんばる力、応援してあげたいです☆

google adsence
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について