夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

子育て知識一覧へ戻る

「ごめんなさい」と言うこと

子どもがいけないことをした時に「ごめんなさい」と素直に言えること。確かにこれって大事なことですよね?

でも、よく見られる光景で、例えば、お友達を叩いた、ママを蹴ったなど、いけないことをした時に、「ごめんなさいはっっ?(怒)」と強要していることありますよね。

でも、ちょっと待ってください。「ごめんなさい」を言えばいいの?って思ってしまうんです。

本来、「ごめんなさい」って、本当にいけないことをしたと思ったら、その感情が自然に言葉になって出てくるのではないのかと思うのです。確かに子どもが悪いことをした時、謝ることを覚えるのは、大事なこと。でも、感情が伴ってなければ、意味のないことだと思うんです。

では、どうしたら、子どもがちゃんと謝まれるのかというと、まず、いけないことをした理由をしっかり聞いたうえで、子どもの気持ちを受け止めてあげるといいと思います。

その後でしっかり、何がいけなかったのかを教えてあげて、いけなかったことをきちんと理解できれば、自然に謝る気持ちになれるのではと思うのです。

例えば、叩いてしまった時、ただ訳もなく叩いたわけではないのだと思うんです。その理由を聞いた上で、「そうだよね、〜がしてほしかったんだよね、だけど、叩くのはいけないことだよね。」って言われたら、子どもだって素直に謝る気持ちになれるんではないでしょうか?

少なからず、叩いてしまったことを頭ごなしに怒られたのでは、謝る気持ちになれないのでは?と思うんです。

小さいうちは、子どもは、自分が主体で当たり前です。まず、自分の気持ちを理解してもらったうえで、相手の気持ちを教えてもらうことで、相手のことを理解したり、考えたりできるようになっていくのです。

子どもがいけないことをしてカッとなってしまった時、頭ごなしに怒るのではなく、なぜそういうことをしてしまったのか、一呼吸おいて、考えてから、いけなかったことを子どもに教えてあげてほしいと思うのです。

そうしていくうちに、人の気持ちの分かるやさしい大人に成長するのではないかと思うのです。

google adsence
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について