夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

子育て知識一覧へ戻る

「育てる」のではなく「育つ」ということ

子どもは、育てているのではなく自らの力で育っています。

確かに産まれたばかりの乳幼児期は、人の力を借りなくては、生きていくことはできません。しかし、あくまでも親の力は、援助であり、生きているのは、自らの力です。

よく、育児に疲れたママ達から「こんなにがんばっているのに、どうして...」と嘆いている言葉を聞きます。育ててあげている、やってあげていると思うと、どうしてもその見返りを求めてしまうから、そう思ってしまうのではないでしょうか。

逆に、一生懸命自らの力で育っている。その生命力に感謝しながら育児をしていると自然に子どもの成長を喜び、感動することができるのではないでしょうか。

「こんなに成長してくれてありがとう」と思っているママには、子どもも、ママが喜んでくれている温かい眼差しを感じ、生きる力が、もっと、もっと沸いてくることでしょう!

日々、成長している我が子の生命力に感謝しながら育児ができたら、ほんとにステキなことですね(*^^*)

google adsence
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について