夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

育児DIARYの子育て知識一覧へ戻る

事故、ケガ!!

2005/11/09(水)

私は、基本的に大雑把なので、多少のケガくらい、どうってことないって思うタイプです。

ところが...、保育園に入ると、大切なお子さんを預かっているわけだから、ケガなんて、とんでもないっっていう世界(当たり前ですが(;^_^A )。かなり、気をつけて、ケガしないように見てましたが、それでも、事故はありました。

今日は、保育園で起きてしまった、事故、ケガのエピソードをお伝えします☆

保育園では、どんなに気をつけてても、小さい子なら、叩いたり、蹴ったり、噛んだりは、当たり前なので、一日それを止めるのに、必死だったことも多かったです。転んだり、ぶつけたりする事だって多いです。1対1でしっかり見れればいいけど(それだってケガする時はケガするし)、集団なので、やっぱり、小さなケガや事故は、多々あります。
(今、娘は、日中、ママと一対一だけど、いっぱい小さなケガしてますしね☆)

私が保育園で、見ていた子ども達は、幸い大きなケガはなかったんだけど、お友達が、顔を噛んで、はっきり歯型がついちゃったとか、転んでケガとかは、ありました。許してくれるご両親も多かったですが、中には、ほんの小さなケガでも、どなりこんでくる、ご両親もいたりして、何度、泣きながら自宅まで、謝りに行ったことか...(涙)

私が働いている時、ケガだけは、恐かったので、大きな事故や一生残るような傷、ケガなどがなかったことは、本当に良かったです。ただ、何年も働いているといろんなことがありました。

他の保育士のクラスの子どもでしたが、ビービー弾がたくさん落ちていることがあり、みんな、ビービー弾拾いに夢中。たくさん拾ってきて、(本来は、どんぐり拾いに行ったそうですが(;^_^A )友達同士で、見せ合ったりしてたそうです。お昼の時間になったので、拾ったものは、ビニール袋へ入れて、各自、鞄にしまったそうですが、Aくんは、手に隠し持っていたらしく、それで遊んでいたそうです。そして、それを鼻に詰めてフンッて出して遊んでいたら、そのうち、取れなくなってしまい、泣きながら、担当保育士のところへ。でも、奥まで入ってしまい取れなくなって、結局、病院へ。吸引してもらって、とれてよかったですが、その担当保育士は、かなり凹んでました。ご両親の方は、優しい方で、ちゃんと取れたこともあり、温和にことは済みましたが。

その事故を聞いて、ほんと、恐いなぁと思いました。取れなかったらどうしよう!!って私なら、心臓とまりそうです。

これは、家庭でのできごとですが、Bくんも同じように豆を鼻に詰めて、遊んでいたところ、取れなくなり病院へ行って、吸引で取れず、手術で取ったら、中から、腐った豆が3粒ほど出てきたっていうこともありました。

けっこう、子どもの事故で耳や鼻に何かを詰めるってことも多い事故です。気をつけて下さいね〜〜☆

google adsence
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について