夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

育児DIARYの子育て知識一覧へ戻る

人見知りしない子になるための秘訣〜part3〜

2005/10/04(火)

先に、人見知りしない子になるための秘訣〜Part 1〜〜Part 2〜を読んでから読んでくださいね〜〜☆

人見知りしないためには、いろんな人と触れ合うことがとても大事です。外へ出ず、誰にもあわない生活では、人見知りしてしまっても仕方ないです。

人見知りだけじゃなく、いろんな人と触れ合うことは、子どものいろんな能力も開花するといわれています。

親子関係、身近な大人との関係、兄弟関係、友達との関係...いろいろが絡み合って、複雑な人間関係を学び、対応できるだけの能力、社会性、などなどいろんな能力を学べます。また、人間関係だけじゃなく、いろんな才能を発揮できる力もつくといわれているんですよ。

3歳ぐらいまでの子ども同士ってなかなかうまく、関わって遊ぶことも難しいし、仲良く遊ぶのは、難しかったりするけど、けんかや取り合いも一つの関わりだし、関わって遊んでいないようでも、ちゃんと友達のこと見て、いろいろと学んでいます。

3歳までに脳の8割ができることからしても、小さいうちから、いろんな人と触れ合うことってすごく大事です。
(ただし、6ヶ月未満は、まずは、親子の関係が大事だし、あんまり連れまわし過ぎないように、子どもの様子をみてくださいね!1歳過ぎには、どんどん、外へ出たり、お友達と遊ぶことをおすすめします。)

そして、まずは親が見本になることです。親が人見知りしてしまうと、自然と子どももまねしちゃいますからね(;^_^A
人に会ったら元気に挨拶するところから、どんどんいいお手本になってあげて、また、積極的にいろんな経験をさせてあげて欲しいと思います。

google adsence
関連リンク
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について