夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

育児DIARYの子育て知識一覧へ戻る

子育て支援

2005/09/10(土)

国の子育て支援。
いろいろと叫ばれてはいますが、私が母親になり改めて実感したこと。

保育園の保育料、高いっっ!!!ってことです。
幼稚園も、高い!!ですよね。

保育園で働いてた頃も、知ってはいたけど、0〜3歳ぐらいで、共働きの家庭で、5、6万円もかかるって聞いた時は、びっくりしました☆
(親の収入や事情によりことなりますが...)

幼稚園も、私立で、入学金、平均十何万はかかるし、月2、3万円はかかるんですよね。

人の命を預かるわけだし、もちろんしっかりみてもらわなきゃだから、お金がかかるのは、わかるんです。でも、普通に考えたら、ちょっと、ママが、パートでもしようかなぐらいじゃ、保育料で、ほとんど消えちゃうんですよね(;^_^A

私が、働いていた公立保育園も、国が財政難の為にということで、保育士はどんどん減らされるし、働く時間帯も長くなったし、保育料は値上がりして、家庭の負担は、大きくなったしで、なんだか、本当に子どものために、子どもを持っている家庭のためになっているのかなぁと思ってました。

でも、もちろん、よくなったこともあります。
子どもの定員枠は、増えたし、保育時間が長くなったことで、変則勤務の方や、どうしてもという事情のある方にとってみれば、助かる制度が充実したし、一時保育などの事業や、保育園に入っていない人でも、気軽に遊びにこれる支援事業なども確実に増えたし。幼稚園でも、延長保育もできるし、一時保育のように預かる制度も増えたし。

ただ、その事業のために、少なくとも、私が行ってた保育園では、子どもの人数が増えても、保育時間が長くなっても、保育士の人数は、変わらなかったので、仕事内容はかなりハードになりました。
そのことで、保育の質に何か影響があってはいけないけど、実際、人手が足りなければ、できないこともあるので、そのあたりは、創意工夫でなんとかするしかなかったですが、安全第一なので、実際のところ今まで行けていた、子どもとの散歩の回数が減ったり、行事が減ったり、なんてことはありました(あくまでも、私が行ってた保育園の話ですし、今は違うかもしれないですよ)。

今、子どもを作らない家庭や、兄弟が少なくなった一番の理由としてあげられるのは、子育てにお金がかかるからというアンケート結果を読んだことがあります。

子どもは、お金には変えられません。だけど、実際、生活できないのであれば、仕方ないことなのだと思います。少子化と叫ばれているわりに、諸外国に比べ、日本は、子育てにお金がかかりすぎる実態があります。

私的には、お金がかかるからということよりも、自分の娘が大きくなる頃に、高齢化がかなり進んでしまって、それを背負うだけの大人がいないことが心配です。
できれば、なんとか、明るい未来を子ども達にプレゼントしたい☆

google adsence
関連リンク
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について