夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

育児DIARYの子育て知識一覧へ戻る

気になる癖

2005/09/05(月)

子どもの気になる癖に、指しゃぶり、おしゃぶり、爪噛み、どもり、吃音、髪を常に触る、自分の髪を抜く、おねしょ、目をパチパチする(チック)、自分の頭を打ちつけたり、たたいたりする(自傷行為)、自慰行為、夜驚症、夢中遊行などなどがあげられます。

これらは、年齢でも違う意味があったりするし、そんなに心配のいらない癖だったりすることもあります。
でも、早めに治しておいた方がいい癖もあります。

例えば、指しゃぶり、おしゃぶり等は、1歳未満のお子さんについては、ほぼ問題ないといわれてますし、おねしょは、5歳頃までは、発達的にいっても当たり前のことです。

乳児期に、おもちゃを舐めたり、何かを口に入れるというのは、生まれつき持った、生きるための力、原始反射の影響もありますし、原始反射がなくなっても、口に何かを入れたり、舐めたりすることは、とても必要なことで、嚥下機能(飲み込む力)の発達にも、関係があるといわれているので、積極的にやらせた方がいいといわれています。
そして、何かを口に入れるのは、精神的に落ち着く行為ですから、指を舐めること、おしゃぶりが大好きなのも当たり前です。ただ、それが癖になってしまうと、親としては、心配なさる気持ちもわかります。

よだれなども、気になるかも知れないですが、よだれは、たくさん出る方がいいといわれ、よだれを出すことで、口の中に病原菌などを入れないようにできているのです。嚥下機能がしっかり発達してくれば、自然によだれを飲み込めるので、口から出てくることもなくなるし、ぜんぜん問題なしです。2歳ぐらいまでたくさん出ている子もいますしね。

最初にあげた、気になる癖は、一般的に、子どものストレスが原因と言われています。でも、よく考えてみてください。子どもにとって、全くストレスがないことなんて、ありえるでしょうか?
大人だってありえないですよね。ですから、みんな1つや2つ気になる癖があるものです。それに、大きくなれば、自然に治るものがほとんどだったりします。

大人があんまり心配しすぎて、止めさせようと、注意しすぎたり、怒ったりすると、かえってひどくなるケースが多いのです。

ただし、早めに止めさせた方がいいものや、受診した方がいいものもあります。続きは、気になる癖と対処方法にて書きましたので、そちらを読んでくださいね。

自慰行為については、子育て相談で応えていますので、そちらを読んでくださいね。

google adsence
関連リンク
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について