夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

育児DIARYの子育て知識一覧へ戻る

添い寝派?ベビーベッド派?

2005/09/02(金)

子どもを寝かせる時、添い寝で寝てますか?
それとも、ベビーベッドですか?

この2つの方法に、どちらがいい、悪いってないと思います。それぞれに良いところがあると思いますし。
添い寝をすると、親子のスキンシップ、コミュニケーションにいいと言われ、1人寝をすると、赤ちゃんの自立心を育てるといいます。

日本では、昔から布団で寝る習慣だっため、添い寝が多いと言われ、欧米では、ベビールーム(親と別の部屋)で、ベビーベッドで寝る習慣が昔からあるようです。

近年では、日本でも、親がベッドで寝る家庭が多くなったこともあり、ベビーベッド(別の部屋でなくても)で寝かせている人も増えたし、欧米では、添い寝も大事という考えもあり、以前よりは、積極的に添い寝で育てる家庭も増えたようです。

私が読んだ本の中に、赤ちゃんとママが安眠できる魔法の育児書という本があります。
この本の著者、トレイシーホッグさんは、赤ちゃんの言葉を理解し、なだめることにかけては並外れた能力の持ち主といわれ、「赤ちゃんと話ができる人」の異名をとる、カリスマシッターといわれています。

そして、この本の中で、トレイシーホッグさんは、1人寝を推奨しています。

また、ママになったあなたへの25章―シアーズ博士夫妻が贈る子育ての素敵なヒントという本の著者シアーズ夫妻は、現役の小児科医と、看護師さんの夫妻で、子どもを8人育てあげた夫妻として有名です(うち1人は養子です)。

この本の中では、添い寝を推奨しています。

どちらがいいかは、両親の考え方次第だと思います。
ちなみに私は、添い寝派で、スキンシップを大事にしています。

それと、私が最近読んだ本で、最近話題の子どもが育つ魔法の言葉もおすすめです☆

子は親の鏡の詩、とてもステキだと思います。機会があったら、読んで見て下さいね♪

関連リンク
はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について