夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

子育て相談一覧へ戻る

子どもが眠くなった時の対応について悩んでいます

相談

ご相談者:ぱま さん
お子様の年齢:2歳8ヶ月

いつも楽しく、そして納得しながら拝見しています。
皆さんの悩みも自分に当てはまることが多くて、本当に参考になります。

さて、相談なんですが・・・
子供が眠くなったときの対応について教えてください。

うちの娘は、眠くなると、ものすごくハイテンションになります。
他にも、目の下が膨れて赤くなったり、眠くなったときのシグナルはたくさんあり分かりやすいです。

そうなる前に寝かしたいですが、なぜか「寝たくない」と言う感じで一生懸命がんばって、ハイテンションになり、限界までいくと、おっぱいで寝るという感じです。
(おっぱいは自然卒乳を考えていてます、限界まで来るとおっぱいでこてっとねるのですが、限界以前におっぱいを飲ませても、ハイテンションのまま、だらだら飲むだけです。)

そのハイテンションがどうしてもダメなんです。

ものすごく高い声で、自作の歌、知ってる歌を歌い続けます。たいてい、何をするにも拒むんですが、そのときの返事も、舌を縦に丸めて、ふざけた感じで、しかも高い声で歌いながらイヤと意思表示します。一人で立たずに、必ず私の体にもたれかかってきます。

なんでか、私にはとても不快なテンションで、まったく受け入れられません。
「あはは、また眠いんだわ」と笑えず、イライラしてしまいます。そのテンションのままの娘が近寄るだけでものすごく不快で、泣かしてでもやめさせたくなってしまいます。実際には嫌みを言ってしまう感じです。

そんな時、どのように気持ちを切り替えると良いのか、どのように娘と接すると良いのか、どうぞアドバイスをいただけたら、と思います。

milkより

眠くなった時の対応とのことですが、子どもが眠くなる時間帯って、ママも一日の疲れが出てくるし、「早く眠って欲しい」と、あせればあせるほど、普段なら大丈夫なことでもイライラしやすくもなってしまいますよね。

子どもも、眠くなってくる時間になると、ぐずりたくなる子もいれば、逆に、眠いけど眠りたくない、まだ遊びたいと、ハイテンションになる子もいたり、様々だと思います。そして、眠りにつく時だからこそ、「眠い」という生理的要求が重なるので、いつもより一層、「ママに甘えたい」、「ママの気をひきたい」という要求が大きくなる子も多いです。

たぶん、お子さんのハイテンションが眠る前ではなく、普段遊んでいる時になら、ぱまさんも受け入れられるのではないか?と思います。

お子さんが、十分に日中ハイテンションで遊ぶのを付き合ってあげることで、夜寝る前に、特別にハイテンションになることが少なくなるかもしれません。また、日中のべたべた遊び(スキンシップ)を増やすこともいいかもしれません。子どもの脳は、どんな遊びをしている時よりも、スキンシップの遊びをしている時が一番、活性化するとも、いわれていますし、おすすめです(o^-^o)

日中、十分に甘えを受け止めてもらいながら遊ぶことで、夜、「眠い」という生理的要求が重なった時に、日中よりも急激なハイテンションや甘えをたくさん出してくる、わざと変なことをして、ママの気をひくなどが、そんなにひどくはならなくなると思いますよ。

それでも、眠くなると甘えたくなるとは思いますけどね...。

それから、眠くなる限界までの時間が短いと(早く眠りにつける)と、イライラしなくてすみますよね。
それにはまず、

  • 生活リズムを整えること
  • 日中身体を十分動かして遊ぶこと

だと思います(やっているかもしれないですが、もう一度見直してみてくださいね)。

生活リズムを作るには、まずは、朝早く起きることです。人間が眠くなるのは、朝起きた時間が関係があるといいます。30分早く寝かせたい時は、30分いつもより早く起してみてくださいね。そうそう単純に簡単にはいかないかもしれないですが、毎日続けて、生活リズムがきちんとできれば、同じ時間ぐらいに眠くなると思いますので、寝かせるのも楽になると思います。

あと、「眠る」というのは、安心感に包まれて、安らげると自然に眠れるものですので、眠る前に、絵本を読むなど、静かな遊びをするなどして、落ち着けるようにするといいかもしれないですね。その際、「絵本を読んであげるから、静かに聞いてね」などお話してみるのもいいかもしれないですね。

もし、お子さんが、ハイテンションになってしまった時、ぱまさんが受け入れられない時は、無理してつきあってもその気持ちは、伝わってしまうので、かえって子どもも不安になったりして、余計に気を引こうとしたり、わざと遊んでみたりなどしてしまうかもしれません。

なので、「寝る前に大きな声で歌うのは、やめようね」など、言葉で伝えていいと思います。その分、スキンシップを十分にしてあげたり、静かな遊び(絵本を読んであげる、子守唄を歌ってあげるなど)をして、落ち着いて眠れるようにしてみるといいかもしれないですね。

なかなか急には、うまくいかないと思いますし、言葉でいうほど、簡単ではないと思いますが、少しづつ、「寝る前は落ち着いて静かに過ごすこと」などを繰り返しお話していくことと、その分、スキンシップを十分にすることで、お子さんの成長とともに、少しづつ改善できると思います。

少しでも改善できて、ぱまさんにとってもお子さんにとっても、眠る時間が楽しく、安らかな時間になれますように、応援していますね!

google adsence
関連リンク

※ご相談者からの返信をこちらに掲載しています。

※最新の相談はメールマガジンで配信しています。

はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について