夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

子育て相談一覧へ戻る

自分の気持ちを相手にぶつけるのが苦手なのかも

相談

ご相談者:kobakun さん
お子様の年齢:6歳4ヶ月

幼稚園では、先生から、優しくて、みんなから慕われている存在だと今年の春の面談では言われました。ただ、幼稚園から帰ってきて、幼稚園のとても仲良くしているお友達と遊んでいる時に、時々気になっているのですが、そのお友達が、うちの息子にたいして「お前は馬鹿だなあ」「何やってるんだよ、俺がやってやるから見てろよ」と言ったりして、息子は自分がやりたいのに我慢をしてお友達に譲ったりしている光景がとても多く、年下の子から物を投げられたりして明らかに息子は嫌そうなのですが、軽く笑って交わしているというか、逃げていることもあり、嫌だとか、やりたいからとか、自分の気持ちを、相手にぶつけるのが苦手な子のように思えます。

いつも仲良くしているお友達に話しかけても、その子が時々知らん振りをしたりすると、うちの子が心配そうに顔をのぞきこんだり、ご機嫌をとるように話しかけてみたり、一生懸命なのが、私から見て可愛そうに思えるような、もっと、しっかり自分の気持ちを出して、怒ったりしてみたらいいのにと、もどかしかったりします。

私の中では、息子は、とてもやさしく穏やかな性格のように思えるので、あまり、お友達とケンカになるなら我慢しようとか思っているのかな?とも思ったり。

私がいつも、自分が人からされて嫌だと思ったことは相手にはしてはいけないよ、と言っているので、それを守っているのでしょうか?それだったら、そんなことは言わず「嫌なことをされたら嫌だといいなさい」と言ったほうがいいのか?

なぜか、最近息子を見ていて前に比べて明るくあっけらかんとしていた以前の息子が少し消えてしまったように思っていて、心配というか寂しいというか・・・です。

長々とまとまらず、すみません。よろしくお願いします。

milkより

お子さんは、人の気持ちのわかる、とても優しいお子さんなのでしょうね(o^-^o)
幼稚園の先生が、「みんなに慕われる存在」と話されていたのでしたら、そんなに心配いらないと思いますよ!

お子さんが、例えば、お友達と遊んでいる時、お友達のいいなりになって、ガマンしすぎていたりすれば、お友達にだって、楽しくなさそうな様子などが伝わります。「自分にガマンしすぎている子」というのは、お友達から慕われる存在にはならないですから、大丈夫ですよ!

でも確かに、kobakunさんがご心配なお気持ちもよくわかります。

kobakunさんのおっしゃるとおり、自分の気持ちを、ちゃんと相手に伝えることも必要です。ガマンばかりしていては、ストレスだって溜まりますし、ちゃんと自己主張ができることも大事です。

まずは、もし、本当にお友達とのことでガマンしていることがあるのなら、kobakunさんに、自分の気持ちを話すところから、できるといいですよね。

お友達に自己主張できるようになるには、まず親にしっかり自分の気持ちを話すところからです。もし、話さないのであれば(お子さんの性格などにより、あまり自分のことを話すのが好きじゃない子もいます)、根掘り葉掘り聞いてしまうと、かえって、親の心配がうつってしまうので、逆効果になってしまうこともあります。何気ない感じで、聞いてみるといいかもしれないですね。

お子さんの話を聞いてみて、お子さんが、お友達と遊ぶことが楽しいと感じているのであれば、大丈夫だと思います。人付き合いの中で、ストレスが全く無いなんてことは、ありません。みんな、時にはなんらかのトラブルがあると思います。これは、大人でも同じですよね。でも、お友達と遊ぶことが楽しいと、本人が感じているのであれば、それで、十分大丈夫だと思います。

あんまり、心配しすぎると、かえって、親の心配が子どもに移るので、その方がかえって、子どもも不安になります。お子さんのいいところを信じてあげてくださいね!

もし、話を聞いてみて、お子さんがお友達との付き合いの中で、ガマンしすぎているところがあるのであれば、その時は、kobakunさんが一番の理解者となって、お子さんの気持ちをしっかり受け止めてあげてくださいね。話を聞いてあげるだけでも、すっきりするものです。その中で、アドバイスできることがあれば、してあげるといいと思いますよ。

「自分が人からされて嫌だと思ったことは相手にはしないこと」も、「嫌なことをされたら嫌だと相手に伝えること」も両方大切なことです。「自分が人からされて嫌だと思ったことは相手にはしないこと」は、お子さんの場合、できているのでしょうから、そういういいところを認めてあげつつ、「嫌なことをされたら嫌だということ」や、自分の気持ちを相手に伝えることの大切さも教えてあげられるといいですね!

これからも、kobakunさんが一番の理解者となり、お子さんの話を聞いてあげられるといいですね(話を聞くことは、アドバイスよりも大切なことです)。これは、なにも、お子さんが悩んでいることだけではないです。一日の出来事、楽しかったこと、何でもいいと思います。話をたくさん聞いてあげていれば、お子さんが、思っていることが出てきますから、悩んでいることや、お友達とのことで、ガマンしすぎていることがあるのであれば、自然に言葉に出てくると思いますので、無理に聞かなくても大丈夫です。

それと、あまり心配しすぎずに、お子さんのいいところを認め、信じてあげるといいと思いますよ!
お子さんを信じて、たくさんお子さんを認めてあげて、これから先も、お子さんのいいところをどんどん伸ばしてあげてくださいね(*^^*)

google adsence

※最新の相談はメールマガジンで配信しています。

はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について