夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

子育て相談一覧へ戻る

読解力について

相談

お子様の年齢:6歳11ヶ月

娘の読解力についてです。

算数の文章題などを一緒に読んでやって、書いてあることを説明してやったら、自分で答えが導き出せるし、その答えは合ってるのですが、一人でやらせると・・・問題の意味が分からないのか、ちんぷんかんぷんです。

昨今、ゆとり教育のせいで、授業日数が減り、その分、授業のペースが速くなってると聞きました。事実、娘の教科書を見ても、次へのステップが短すぎるように思えます。最近の高校入試問題などは、僕の世代(30代半ば)のように、とにかく数をこなすというより、長々と文章があり、それを理解して答えを出す傾向があるみたいだし。

そんな中、まだまだ小学1年だとしても、これから先、ついていけるのかどうか心配です。

どのようにして、読解力をつけさせればいいのでしょうか?本をやたらと読ませるだけ・・ってのも、どーかと・・。

保育士をされているmilkさんなら、保育士と言えど、昨今の小学校事情をある程度わかってらっしゃると思い、相談させていただきました。

長々とすみません。よろしくお願いします。

milkより

「読解力」すごく大事な力ですよね。

どうやってつけたらよいか、すごく難しいですね。

本をたくさん読むと、そういう力が自然につくという話を聞きます。読むだけでも、だいぶ力がつくと思いますよ!内容を理解して、おもしろい!と思えないと、本をたくさん読むことはできないので、「読解力」がなければ難しいですしね。

それと人の話を聞く力や、それを理解する力も必要ですよね。

私は、保育園での仕事の経験しかないため、小学校の授業や教え方については、知識不足で申し訳ないですが、保育園でも、人の話を聞く力やそれを理解して自分で判断する力は、すごく大事な力で、それを身につけるための保育士側の努力というのは、ありました。

例えば、話は、できるだけわかりやすく伝える、一度言ったことは、何度も繰り返し言わない。子どもの判断にまかせ、手を出しすぎないということです。

一度しか言わなければ、きちんと聞くしかないし、それを理解できなければ、行動できないようにするんです。

そういうことを繰り返すうちに自然と、話を聞いて、それを理解できるようになっていくと思うのです。

家庭でできることとしたら、親子の会話をまずたくさんすることと、同じことを何度も言わない、子どもの判断を待つなどを実践して、普段の生活の中から理解力を高める力をつけていくといいのかなと思います。

それとともに、勉強を教えてあげるには、やはり、親も勉強して、分かりやすく説明してあげられる能力も必要なんでしょうね。

google adsence

※最新の相談はメールマガジンで配信しています。

はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について