夜泣き・反抗期・おしゃぶり・人見知り・好き嫌い。大変だけど楽しく子育てしましょう。子供はママの笑顔が大好きです!

MilkBox 保育士ママの子育て相談室
〜素直なやさしい子に育つために〜

子供が喜ぶ料理 手作りおもちゃ 食育

子育て相談一覧へ戻る

ママを激しく叩いて困っています

相談

お子様の年齢:1歳6ヶ月

娘は、一日中ママを激しく叩いて困っています。もう、3〜4ヶ月以上続いています。

叩いている理由は、退屈だと叩く、怒られた時、イライラしている時は、もっと激しく叩きます。それに対して、やめさせようとママが怒ると、もっと激しくなってしまいます。だから、仕方なく、お菓子をあげて収めています。お菓子をあげると一時は落ち着くので、結局だらだら、一日中あげてしまっています。

なので、
 ぐずる
  ↓
 ママにあたって激しく叩く
  ↓
 おかしをあげる
  ↓
 機嫌が治る
  ↓
 またぐずる...
という感じになってしまっています。

一日中、ぐずられ、叩かれ、おかしをあげなきゃ収集がつかないので、毎日イライラしてしまって、どうしたらいいかわかりません。

milkより

叩かれたり、いつもいつも、お菓子を要求されたのでは、ママもつらいですね。

きっと、甘えたい、気持ちをうまく表現することができないのでしょうね。泣いているからと、お菓子をあげてなだめるのではなく、ママの腕の中で、十分に泣かせてあげることで、いっぱい気持ちを受け止めてあげてくださいね。

最初は、大変かもしれませんが、ママがしっかり受け止めてくれることが理解ができると、ぐずることも少なくなっていくと思います。それとともに、叩くことではない、上手な甘え方(ママの腕の中で甘えること)を覚えると思いますよ☆

また同時に、叩くなど、いけないことを教えてあげることと、生活リズムの改善も必要になってくると思います。

具体的には、
生活リズムの改善
おかしを決まった時間にのみ、あげるようにすれば、無駄に欲しがらなくなるし、ごはんもしっかり食べられるのでお腹が満たされます。
ママと一緒にたくさん遊ぶ
楽しいことをしていればぐずることも少なくなるし、身体を使って遊ぶことで発散できます。
叩いてきそうになったら止める
叩くのはいけないということを知らせていく(手で押さえながらいけないことを言葉で知らせる)
泣くのを受け止める
当然、大泣き&暴れるでしょうから、その苦しい気持を抱きしめながら、「つらいね〜、でも、叩くのは、いけないよね」と受け止めていく。

叩くこと→泣くことに置き換えていくことがポイントです。

叩くのはいけないけど、泣くのは決していけないことではありません。かえって、思い切り泣かせてあげれば、涙から、ストレス物質も流れ出てすっきりするし、ママの腕の中で、気持ちを受け止めてもらえたことで、「ママは、気持ちを理解してくれている」と思うことができ、気持ちの安定につながります。

3〜4ヶ月続いてしまっているとのことで、悪循環ができてしまっているので、改善するのに、もしかしたら時間がかかってしまうかもしれません。それに、これからどんどん自己主張が出てくる年齢ですしね。これを直すには、それなりの時間とママの気力と根気、努力、そして、周りの人の協力が必要だろうと思います。だけど、ママが本気で直したいと願うのであれば、絶対乗り越えられるはずです。それとともに、娘さんもだんだん、叩く以外のコミュニケーションの手段を覚えてくるので、(例えば、嫌なことを嫌!と言葉で伝えたりなど)、自然に叩くことも少なくなっていくはずです!

でもまずは、ママが元気になることが改善策の第一歩だと思いますよ!

うまく、気分転換をしながら、乗り越えて下さいね(*^▽^*)

google adsence

※最新の相談はメールマガジンで配信しています。

はじめての方へ   サイトマップ   リンクについて   掲載内容について